赤ちゃん 産み分け


赤ちゃんの産み分け出産について

少子化の背景には様々な事が有ります。

 

たとえば不景気で一人しか作れない状況であったり、結婚をする時期が遅く晩婚化の流れも関係が有ります。

 

晩婚化で高齢出産になっている事で、タイムリミットも生じてきますので、身体の負担のことを考えて1人にする、もしくは妊娠がしづらい状況であるために、なかなかできずに一人で諦めるという事も有るでしょう。

 

赤ちゃんの性別は、男の子と女の子のみで選ぶ事はできません。

 

妊娠中期頃の妊婦健診の時にエコーを見て、女の子か男の子かのどちらかというのが判明するという事も、昔は授かりもので女の子か男の子かどちらになるかわからないという楽しみでもあり、期待を持ったりして結果を受け入れるという事が通常でした。

 

しかし今は女の子と男の子の赤ちゃんを産み分けることが出来る時代です。

 

一人っこになってしまうけれど、どうしても後継ぎが欲しくて男の子を希望されている、もしくは何かの理由で女の子が良いという事で赤ちゃんの産み分けを希望される事も有るでしょう。

 

一人っ子ではなくても、同性の兄弟や姉妹にしてあげたい、もしくは違う性別の兄妹や姉弟で一人ずつ性別の違う子供を育ててみたいという希望もあります。

 

そういった時には、赤ちゃんの産み分け成功確率が高い方法で女の子と男の子の産み分けをすることが出来るクリニックもあるので、赤ちゃんの産み分けについて相談してみると良いでしょう。

 

こういったタイミングで妊娠をすれば男の子が出来やすい、もしくは女の子が出来やすいという赤ちゃんの産み分け方法があります。

 

赤ちゃんの産み分けをする場合、性交渉をするタイミングも重要だったり、食べ物で体質を改善してどちらかの性別になりやすい体質にしておくという事もあります。

 

赤ちゃんの産み分けを病院に通わずとも、女の子と男の子の産み分けの産み分けに成功しやすいと言われている産み分け方法で実行したら、希望をかなえられたという口コミ等も上げられていますので、赤ちゃんの産み分け体験談なども参考にしてみると良いです。

 

赤ちゃんの産み分け成功確率は100%ではありませんので、赤ちゃんの産み分けは確実というわけではありませんが、赤ちゃんの産み分けを試してみる価値はあるでしょう。

 

赤ちゃんの産み分けは倫理的にどうかという問題も取り上げられていたりはしますし、男女のバランスが崩れるという事も言われていますが、それでも男の子か女の子かによって、その生活スタイルや子育てなども大きく変わってくることも有りますし、希望する性別というのはその方その夫婦によって思い入れが強い事も有るでしょう。

 

女の子と男の子の赤ちゃんの産み分けには色々な方法が有りますので、自分にあった産み分け方法を見つける事も大事ですが、産み分け成功確率が高い方法も存在します。

 

科学的に統計が出ている場合もありますので、産み分け成功確率の高い方法で産み分けを実践するのが理想的です。

 

赤ちゃんの産み分けに失敗したくないのであれば産み分け専門の医療機関での相談をお勧めします。


赤ちゃんの産み分け出産アドバイス

女の子と男の子の赤ちゃんの産み分けは、自分でその方法を調べて出来る産み分け方法も有ります。

 

しかし、赤ちゃんの産み分け成功率は、50%から70%です。

 

まずタイミング法は、排卵のタイミングと精子の性質を利用した方法で、女の子が欲しい場合には、膣内の酸性が強くなる排卵の2〜3日前に夫婦生活を持ち、男の子が欲しい場合は排卵日当日に夫婦生活を持ちます。

 

潤滑ゼリーを使った産み分け方法は、膣内の分泌液のpH(ペーハー)をコントロールし、希望の精子を卵子にたどり着かせる方法で、50%から60%と言われています。

 

分離試薬(パーコール液)に精子を重層し、遠心分離する方法がパーコール法と言われているものです。

 

選別されたX精子を使うと女の子が生まれる確率が高く、その確率は60%から70%です。

 

しかしこれらの方法は半分以上の確率で女の子と男の子の産み分けは出来ますが、確実というわけではありませんし、ある意味自然に任せても50%になりますので、あまり高いとは言えません。

 

もっと高い確率の産み分け方法として、着床前診断があげられます。

 

この産み分け方法はかなり高い確率でほぼ100%に近いので、確実に女の子と男の子の産み分けをしたいという場合にはお勧めです。

 

それぞれ費用なども異なりますので、クリニックでまずは相談してみると良いでしょう。


赤ちゃんの産み分け出産お役立ちアイテム

排卵日を元に行う産み分け方法は、比較的メジャーです。

 

タイミング法と言われていますが、この方法で産み分けを行うには、基礎体温を付けて排卵日を調べるというのがまず必要です。

 

しかし、排卵日そのものをさらに予測しやすくする排卵検査薬というものがあります。

 

これは基礎体温と併用することで使うタイミングも分かりやすいです。

 

女の子が欲しい方におすすめなのは、ピンクゼリーです。

 

潤滑ゼリーのことで、膣内を女の子が生まれやすい環境にしてくれる効果があり、比較的手軽に使う事が出来るというメリットがありますし、産み分けの成功例も結構挙げられています。

 

中国式産み分けカレンダーというのも今話題になっています。

 

しかしこちらよりもさらに産み分けの成功確率がアップすると言われているのがバイオリズム法で、これはグッズなどを使う事も無くコスト0円で産み分けを行う事が出来ます。

 

このバイオリズム法は臨床心理学に基づいた産み分け方法で女性の身体がどのような時にどのような状態になりやすいのかを、科学的にわかっている精子のメカニズムに合わせて行っていく産み分け方法です。

 

ネットなどで調べるとそのやり方も簡単にわかりますので、ぜひチャレンジしてみてください。

 

家族計画にも大きな違いが出てきますし、こういったグッズなどもうまく利用して産み分けを実践していくと良いでしょう。


 

にほんブログ村 マタニティーブログ 男女産み分けへ

赤ちゃん 産み分け|女の子か男の子を産みたーい!記事一覧

女の子 産み分け|女の子の赤ちゃんを産みたーい!

女の子の赤ちゃんが欲しいと思っても、赤ちゃんは授かりものだから自分では選べないと多くの人が思っています。確かに妊娠や出産というのはとても神秘的なことで、女の子の赤ちゃんが欲しいと思っても、自分でコントロールすることは難しいです。しかし、赤ちゃんの産み分けの仕組みをしることで女の子の産み分けをすること...

≫続きを読む

 

男の子 産み分け|男の子の赤ちゃんを産みたーい!

昨今、不妊治療がとても注目を集めています。それほど一昔前に比べ妊娠をする率は減ってきています。晩婚化や第一子の出産年齢が高くなっていることなどがその原因として挙げられますが、無事妊娠出産する課題をクリアできたとしても、その先にもう一つ越えなければならない問題が生じます。それが、男の子と女の子の産み分...

≫続きを読む

 

ハローベビー潤滑ゼリー|女の子か男の子を産み分けたーい!

ハローベビー潤滑ゼリーは2013年に販売開始以来、累計で40万本販売の実績を持つ人気の産み分けサポートアイテムの一つです。ハローベビー潤滑ゼリーシリーズは「ハローベビーガール(女の子を授かりたい)」「ハローベビーボーイ(男の子を授かりたい)」やプレミアムシリーズがある赤ちゃんの産み分けサポートアイテ...

≫続きを読む

 


ひよこはうすの公式通販

世界の貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン
このサイト(ひよこはうす|キッズパーク)は、各大手ポータルサイトのディレクトリに、人の目による厳しい審査を通過して登録されています!

キッズパーク
スマホサイトはコチラ

https://babyciao.jp/


特定商取引法に基づく表記

事業者名:ひよこはうす

事業責任者:高桑 敦司

郵便番号:259-0201

都道府県:神奈川県

市区町村:足柄下郡真鶴町

番地・号:真鶴374-1

電話:090-2314-9392

メール:kids@nd.ciao.jp

「ひよこはうす」へのお問い合わせ方法は原則としてメール( キッズパーク専用お問い合わせフォーム )からのみとし年中無休の24時間受付ておりますが、お問い合わせへのご回答は誠に勝手ながら土日祝日を除く午前10時〜午後10時までとなりますので予めご了承ください。


ホーム 赤ちゃんの成長 幼児の成長 子どもの成長 赤ちゃんの育児 幼児の子育て 子どもの子育て 公式通販 お問い合わせ