1歳〜6歳までの幼児の子育て


1歳〜6歳までの幼児の子育てについて

1歳〜6歳という時期は人間の一生の中でも最も重要な時期の一部です。

 

1歳ではやっと一人で立ったり歩いたりできる程度であったのが6歳になると一人で小学校へ通うほどに成長します。

 

この内容の濃い時期の子育てでは、子どもの状態に合わせて子育てをしていくということが大切です。

 

この時期の子どもは昨日まではできていなかったことが今日にはできるようになったりするために、教科書通りの育児では追いつかないことがあります。

 

1歳の頃にはほぼ離乳食が完了に近づいている時期であってもまだ大人と同じものは食べられず、母乳やミルクを飲んでいる子が多いでしょう。

 

1歳半ごろには離乳食が終わり、徐々に大人と同じ味付けのものを食べるようになり、6歳になる頃には特別なものを除いて大人と同じ食事がとれるようになります。

 

食べるという行為は1歳や2歳ではまだ上手に食べられませんが、なるべく自分で食べるように見守っているうちに上手に食べられるようになります。

 

6歳になると箸を使って一人で食事ができるようになります。

 

睡眠は親と同じ部屋で同じ布団で寝ている子が多いようですが、6歳になる頃には一人で布団で眠るようになる子もいて、夜泣きなどはほぼなくなっています。

 

おねしょには個人差がありますが6歳になる頃にはほとんどの子がおねしょをしなくなります。

 

赤ちゃんの頃は夜中も起きるので親も寝不足になりながら育児をする人が多いと思いますが、年齢が上がるとともに夜中に起きることもほぼなくなりゆっくりと眠れるようになります。

 

しかし寝かしつけが大変なのはしばらくかかり、親が起きているとどうしても子どもが寝てくれないことがあったり、昼寝が長過ぎて夜に寝る時間が遅くなることがあったりします。

 

6歳になる頃には小学校の入学があるので規則正しい生活習慣をつけていく必要が出てきます。

 

活動量は年齢と共に多くなり、特に2歳くらいからは元気に走り回れるようになるので、外遊びをさせると遠くまで走ったり、ジャンプをしたりと体を使って大きく遊ぶようになります。

 

1歳〜6歳の時期は体を作る大切な時期なのでできるだけ体を使った遊びができるように外遊びをさせたり、家の中でも動けるようなスペースを作ってあげると良いでしょう。

 

特に冬に雪が多い地域や夏の時期には暑過ぎて外遊びがさせられない地域の人は家の中でも体を使って遊べるような工夫があると、子どもが退屈しません。

 

遊びを通して体が作られ心の成長もしていくため、遊びが非常に重要です。

1歳〜6歳までの幼児の子育てアドバイス

1歳〜6歳の時期は親はとにかく忙しく過ごすことになるでしょう。

 

特に最近では子どもが小さくても共働きの家庭が多いために、子どもを預けて親も忙しく仕事をしている家庭が多いと思います。

 

子育てはとても時間がかかることが多く、子どもと一緒に過ごす時間が大切です。

 

しかし仕事をしているとたっぷり子どもと一緒に過ごす時間がとれないことがあります。

 

時間に関しては自分で頑張ってもどうにもならないことがあるので、一緒にいられる時間の長さではなく一緒にいられる時間の内容を充実させられるようにすると良いでしょう。

 

子どもは親と一緒に話したり遊んだりすることをとても楽しみにしています。

 

忙しい毎日の中でも子どもだけを見ている時間を作るようにして、集中して子どもの相手をする時間を確保するようにしましょう。

 

短時間であっても自分のことをしっかりとみてもらえるとわかると子どもも安心します。

 

また共働きの場合には母親が一人で子育てをするのは無理があります。

 

父親はもちろんですが、祖父母や親せき、近所の人、ママ友など色々な人のサポートを受けて子育てができるように連絡をこまめにとるようにしておきましょう。

 

仕事をしていない人でも急な体調不良の時などは他の人に頼る必要がでてきます。

1歳〜6歳までの幼児の子育てお役立ちアイテム

子どもがいる時に大変になるのが移動です。

 

子どもがいると予定通りに物事が進まなくなりますが、特に移動は大人だけの時と大きく違ってきます。

 

歩いて移動しようとすると少しの距離でも予想以上に時間がかかったりします。

 

そのような時に活躍するのが子どもを乗せられる自転車です。

 

子どもが二人以上いる人でも3人乗り自転車があれば、自転車でのお出かけができるようになります。

 

自転車は景色が見えることと、乗っていて楽しいと感じる子どもが多いようで嫌がらずに子どもが乗ってくれる移動手段です。

 

問題になってくるのが子どもが大きくなってきた時の体重の重さですが、この問題は電動自転車にすることで解決します。

 

電動自転車であれば子どもをのせていても坂道を登ることもできて、運転する人の疲労が少なくて済みます。

 

初期投資が大きくなりますが、自転車での移動が多い人には電動自転車がおすすめです。

 

子どもが自分一人で子ども用自転車にのってお出かけできるようになるまでにはかなりの年月がかかるので、それまでの期間子どもを乗せられる自転車は大変活躍します。

 

自動車にのると嫌がる小さな子どもも自転車は喜んで乗ってくれることが多いので雨の日や遠距離の移動以外では自転車を使用してみるのもいいものですよ。



ひよこはうすの公式通販

世界の貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン
このサイト(ひよこはうす|キッズパーク)は、各大手ポータルサイトのディレクトリに、人の目による厳しい審査を通過して登録されています!

キッズパーク
スマホサイトはコチラ

https://babyciao.jp/


特定商取引法に基づく表記

事業者名:ひよこはうす

店舗名:CHICK RHYTHM

事業(店舗)HP責任者名:

高桑 敦司

郵便番号:259-0201

都道府県:神奈川県

市区町村:足柄下郡真鶴町

番地・号:真鶴374-1

電話:090-2314-9392

メール:kids@nd.ciao.jp

「ひよこはうす」へのお問い合わせ方法は原則としてメール( ひよこはうす|お問い合わせフォーム )からのみとし年中無休の24時間受付ておりますが、お問い合わせへのご回答は誠に勝手ながら土日祝日を除く午前10時〜午後10時までとなりますので予めご了承ください。


ホーム 赤ちゃんの成長 幼児の成長 子どもの成長 赤ちゃんの育児 幼児の子育て 子どもの子育て 公式通販 お問い合わせ