1歳〜6歳までの幼児の病気と予防対策


1歳〜6歳までの幼児の病気と予防対策について

幼児の病気を予防するには、年齢別に発症しやすい症状を把握する、そして早めに気が付けるように見守ることがポイントです。

 

1歳以降の子供は行動範囲が広がるので、風邪や感染症などに掛かりやすく、ウイルスや菌が漂う場所では発症のリスクが高まります。

 

ですから、普段から人の集まる場所はなるべく避けて、感染症が流行る季節はマスクをするなどの注意が必要です。

 

1歳から3歳頃には、1歳に満たない赤ちゃんに比べると体力が付いて、免疫力の上昇を見せます。

 

しかし、4歳以降と比べればまだまだ弱いですから、やはり感染症を中心に注意を払うのが、病気の予防において重要なことでしょう。

 

予防接種が受けられる病気なら、特定の病気が発症する恐れを回避することが可能です。

 

ただ、全てに対応するのは不可能なので、個別の対策もまた不可欠です。

 

インフルエンザの感染は、1歳過ぎに多くなるといわれていて、症状が深刻化する脳症や脳炎のリスクが表面化します。

 

大人とは違い、急に症状が進行するケースもあるので、風邪かなと思ったらインフルエンザにも注意することが求められます。

 

一方、感染症は風邪やインフルエンザだけでなく、ウイルス性胃腸炎という病気も猛威を振るいます。

 

ウイルス性胃腸炎は、24時間以上の潜伏期間を経て、下痢や腹痛などの症状を発症するのが特徴です。

 

嘔吐物が感染経路になることがあるので、大人や周りの人が発症した場合は勿論、子供同士でも感染しないように配慮することが大切です。

 

もし感染者が吐いた時は、マスクや手袋を着用した上で、嘔吐物を回収して清掃することが欠かせない程です。

 

また、アルコールでは殺菌できない位に強力ですから、次亜塩素酸ナトリウムなどを用いて、殺菌消毒するのが良いでしょう。

 

予防においては、手洗いやうがいといった基本的な衛生管理が効果的で、帰宅時に欠かさなければリスクが大幅に減少します。

 

ウイルス性胃腸炎の進行によっては、腸重積や原因不明の川崎病の発生を招きますから、予防を心掛けたり、発症しても症状の悪化を食い止めることが欠かせません。

 

4歳から6歳の間では、食物アレルギーの発症と、それに関連するアナフィラキシーショックも目立ち始めます。

 

食物アレルギーは、食事内容の変化に応じて気が付けますし、普段から様々な物を食べていると早期に発見しやすいといえます。

 

アレルギーは予防するのが難しく、決め手となる答えは確立されていませんから、一度発症したら対象物の摂取を避けるのが有効な対策となります。

 

この頃になれば、虫垂炎などの大人の病気も増え始めるので、子供であっても大人と同じく色々な症状に注意するのが基本です。

1歳〜6歳までの幼児の病気と予防対策アドバイス

発熱や発汗などの症状は、風邪を始め類似している病気が多いので、安易に風邪と決め付けないのが注意点です。

 

とはいっても見分けるのは難しいので、普段の症状と何か違わないか確認する、これが見極めのコツとなります。

 

単なる風邪であれば、熱があっても多少は元気だったり、問い掛けに反応して答えてくれます。

 

所が、風邪以上に深刻な場合は、グッタリして意識が朦朧としますから、このような症状が見られたら警戒しましょう。

 

1歳から6歳の子供は、不機嫌さも病気の判断ポイントとなり得るので、何時もより機嫌が悪ければ要注意です。

 

子供の病気と予防では、感染症が最もリスクの高い原因で、日常に潜んでいる複数の経路に大敵がいます。

 

飛沫感染はくしゃみなどで飛んだ唾から、空気感染は吸い込む空気から感染します。

 

経口感染や接触感染などもあるので、これらの感染経路から逆算して対策を打ち立てる点が何よりも重要です。

 

飛沫感染と空気感染は、空中に飛んだウイルスや菌を吸い込み感染するので、汚染源とは距離を置くのが効果的です。

 

この時、マスクを着けると吸い込む確率が減らせますから、空気の汚染が気になる場所では着用すると安心です。

 

経口感染は、口にする水や食べ物が感染経路なので、食器や食品の衛生管理が感染リスクの鍵を握ります。

 

接触感染は感染者と、その人が触れた物から菌が伝わりますから、身の回りに病気の人がいたら接触を避けましょう。

1歳〜6歳までの幼児の病気と予防対策お役立ちアイテム

飛沫感染する病気は、マスクで感染リスクが抑えられますから、病気の家族やそうでない子供も、感染が気になったら早めに身に着けましょう。

 

室内空間限定ではありますが、空気中に浮遊しているウイルスや菌には、目の細かいフィルターを装備した高性能な空気清浄機も役立ちます。

 

空気中の浮遊物の中でも、ウイルスは小さく軽くて浮かびやすいので、長時間漂いながら人の呼吸に合わせて体内に入り込みます。

 

空気清浄機は空気を循環させつつ、小さい浮遊物を捕集して綺麗にします。

 

環境衛生の基本は換気ですが、窓を締め切る寒い季節などでは、衛生管理の補助的なアイテムとして活躍してくれるはずです。

 

帰宅後のケアでは、手洗いとうがいが重要性を増しますから、爪や指の間を洗えるブラシや、楽しんで取り組めるお気に入りのコップを用意しておくのが理想的です。

 

外出時に除菌ウェットティッシュを使う、これは一見すると効果的に思えますが、万能なアイテムと思い込むのは間違いです。

 

殺菌できるのはアルコールが通用する菌に限りますし、接触感染以外の感染症には余り効果的ではありません。

 

むしろ、頻繁に体を殺菌してしまうと、体を守る常在菌が減少してしまうので、結果的に免疫力が低下してしまいます。

 

ただし、水道が使えない場所なら手の清掃に役立ちますから、除菌ウェットティッシュも適材適所で使い分けられます。



ひよこキャンペーン

ベビー用品をはじめ、ファミリー向けの品揃えが豊富な「ひよこはうす」の公式総合通販サイト!

ひよこ百貨店は
コチラから


世界の貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン
このサイト(ひよこはうす|キッズパーク)は、各大手ポータルサイトのディレクトリに、人の目による厳しい審査を通過して登録されています!

キッズパーク
スマホサイトはコチラ

https://babyciao.jp/


事業者名:ひよこはうす

事業責任者:高桑 敦司

郵便番号:259-0201

都道府県:神奈川県

市区町村:足柄下郡真鶴町

番地・号:真鶴374-1

電話:090-2314-9392

メール:kids@nd.ciao.jp

「ひよこはうす」へのお問い合わせ方法は原則としてメール( キッズパーク専用お問い合わせフォーム )からのみとし年中無休の24時間受付ておりますが、お問い合わせへのご回答は誠に勝手ながら土日祝日を除く午前10時〜午後10時までとなりますので予めご了承ください。


ホーム 赤ちゃんの成長 赤ちゃんの行事 赤ちゃんの病気 幼児の成長 幼児の行事 幼児の病気 お問い合わせ