七五三(5歳の女の子)


七五三(5歳の女の子)について

一般的に現在の七五三は女の子の場合、3歳と7歳の時に行います。

 

これは昔の風習であった「髪置きの儀」(3歳になると髪を伸ばし始める)、そして「帯解きの儀」(7歳になると帯を締め始める)を由来とするものです。

 

したがって男の子の場合と異なり、5歳の女の子は七五三のお祝いを行わないというのが「正しい」ということになります。

 

ただ、これはあくまで昔の風習に基づくもので、現在はそのような儀式が存在しなくなったため、5歳の女の子も七五三のお祝いをするケースが多く見られます。

 

また「男の子のみお祝いをする」というのが時代に合っていないという考え方もあるでしょう。

 

その他には、七五三の年齢が重なる子供達を一緒にお祝いをするケース等も考えられます。

 

例えば3歳と5歳、あるいは5歳と7歳の姉妹であったり、あるいは5歳の男の子と女の子(双子の兄妹、親戚等)をお祝いする場合等、一緒にお祝いするケースがあります。

 

実は5歳の女の子のお祝いをする場合、3歳や7歳とは違ったメリットがあります。

 

それは何かといいますと「写真映え」です。

 

3歳の場合、服装等についてよくわからないため、全て親をはじめとする大人達が選ぶこととなります。

 

加えてまだ小さいため、着物のようなフォーマルな服を着るのをためらうことが多いのも難点です。

 

一方、5歳になると、だんだん服装にも興味を持ち始めます。

 

自分の気に入った服を選びたいと考えるようになり、大人と一緒に服を選んでくれるようになります。

 

また、3歳の頃と異なり、自分で服をきちんと着られるようになってくるのも大きな魅力です。

 

本来の七五三の年齢である7歳ですが、この時期ですとかなり成長しており、3歳の頃とは全く異なった外見となっています。

 

また、着物という非常にフォーマルな服装で撮影に望むため、普段着よりも非常に大人びた外見に見えるのも特徴です。

 

むろん、これはこれで非常に魅力的なのですが、親としては「子供らしさ」というのを記録に留めておきたいというものあるでしょう。

 

そういった意味ではちょうど中間の時期にあたる5歳というのは「ちょうどよい時期」だといえます。

 

加えてフォーマルな服装での成長記録を残せるのは、やはり親としてはうれしいものです。

 

基本的に着物を着る、いわゆる「晴れ着姿」という機会はなかなか少ないものです。

 

一部特別な環境にあるようなケースを除き、七五三の次の晴れ着姿となると、成人式というケースが多いです。

 

そういった意味でも5歳の女の子が七五三に参加する意味は大変重要なものだといえます。

七五三(5歳の女の子)アドバイス

前述のとおり5歳の女の子の場合、服装の意見が分かれています。

 

3歳や7歳の場合と全く一緒でも構わないという意見がある一方、正式な儀式ではないため、ワンピース等「着物以外の服装」でもよいと考える場合です。

 

これは地域や参拝する場所の意見を参考にするとよいでしょう。

 

また、別の子と一緒に参拝する場合、姉妹、もしくは女の子の親戚同士で参拝する場合等、同じ着物を使用しても特に問題はないでしょう。

 

一方、男の子(5歳)と一緒に参拝する場合、基本的に主役が男の子となるため、女の子は着物ではなくワンピースというケースも見られます。

 

また逆に女の子(3歳または7歳)が主役となる場合、男の子は着物ではなく洋服を来て参拝するといったケースもあります。

 

女の子が着物を着る場合、貸し衣装(レンタル)を利用されるケースが多いでしょう。

 

この場合、注意しておきたいのが「希望の着物がレンタルできるかどうか」です。

 

七五三の時期は当然ですが、子供用の着物のレンタルに関する需要が非常に多くなります。

 

それに対し、5歳の女の子の着物は絶対的な品数が少ないため、「供給不足」の状態となります。

 

したがって希望通りの着物を着たい場合は早い段階で予約をしておくのがベストです。

七五三(5歳の女の子)お役立ちアイテム

髪飾りは、着物やドレスの場合でも必須アイテムだといえるでしょう。

 

着物の場合、3歳の時よりも華やかなものを使用することができます。

 

またコームでとめるタイプの場合、3歳の子供だと嫌がってつけてくれない場合もありますが、5歳だと何とかなる場合も多いです。

 

3歳の時には使えなかった髪飾りを使ってみるのもよいでしょう。

 

5歳の場合、着物ではなく洋服で祝うケースもあります。

 

洋服の場合は着物用ではなく、ドレス用の髪飾りを使うことになります。

 

子供服用の髪飾りもありますが、大人用で、小さい髪飾り等で使えそうなものがあればそれを使用しても大丈夫です。

 

単に着物だけでなく、巾着を持たせることで一層、見栄えがします。

 

洋服の場合はハンドバッグ等です。

 

巾着を持たせる場合、柄は着物に合ったものを選ぶのがベストですが、代わりにおもちゃなど持たせることも可能です。

 

もちろん、洋服の場合も同様です。

 

七五三は急に肌寒くなっている季節のため、着物の上に羽織るコートあるいはポンチョ等があると便利です。

 

また、肩にかけるケープですと、ホック等で簡単に取り外しが可能です。

 

暑い日や子供が嫌がったりする場合でも簡単に取り外しが可能なため、用意しておいて損はないでしょう。


関連ページ

1歳の一升餅
1歳の一升餅について。
七五三(3歳の男の子)
七五三(3歳の男の子)について。
七五三(3歳の女の子)
七五三(3歳の女の子)について。
七五三(5歳の男の子)
七五三(5歳の男の子)について。

ひよこキャンペーン

ベビー用品をはじめ、ファミリー向けの品揃えが豊富な「ひよこはうす」の公式総合通販サイト!

ひよこ百貨店は
コチラから


世界の貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン
このサイト(ひよこはうす|キッズパーク)は、各大手ポータルサイトのディレクトリに、人の目による厳しい審査を通過して登録されています!

キッズパーク
スマホサイトはコチラ

https://babyciao.jp/


事業者名:ひよこはうす

事業責任者:高桑 敦司

郵便番号:259-0201

都道府県:神奈川県

市区町村:足柄下郡真鶴町

番地・号:真鶴374-1

電話:090-2314-9392

メール:kids@nd.ciao.jp

「ひよこはうす」へのお問い合わせ方法は原則としてメール( キッズパーク専用お問い合わせフォーム )からのみとし年中無休の24時間受付ておりますが、お問い合わせへのご回答は誠に勝手ながら土日祝日を除く午前10時〜午後10時までとなりますので予めご了承ください。


ホーム 赤ちゃんの成長 赤ちゃんの行事 赤ちゃんの病気 幼児の成長 幼児の行事 幼児の病気 お問い合わせ