七五三(3歳の女の子)


七五三(3歳の女の子)について

七五三は子どもが無事に成長したことをお祝いする行事です。

 

生まれても3歳までの乳幼児の死亡率が高い時代がありました。

 

そして3歳を迎えて無事に成長できた喜びをお祝いします。

 

女の子は3歳と7歳、男の子は5歳で七五三のお祝いをします。

 

最近では女の子のみが3歳で七五三を迎えていますが、昔は男の子も3歳でお祝いをしていました。

 

女の子男の子共に3歳までの死亡率が高かったからです。

 

そして、七五三は元々は関東圏で行われていた行事で、他にも7歳までの成長の過程でお祝い行事がいくつかありました。

 

七五三もその中の行事の一つで公家や武家で行われいていたのが、一般に広まったとされています。

 

七五三は一般的に数え年で行います。

 

3歳の七五三の場合では満2歳になると数えで3歳となります。

 

しかし、近年では満年齢で七五三のお祝いをする人が増えていますのでどちらでも良いでしょう。

 

そして3歳の女の子の七五三は髪置きの儀が元になっています。

 

実は昔は3歳になるまで男女関係なく頭を坊主にする習慣がありました。

 

3歳を迎えて初めて髪を伸ばし始める事から髪置きの儀として七五三が行われました。

 

またこれが七五三の起源とも言われています。

 

男の子ならまだしも女の子までもが坊主頭になってしまうのは、小さいころに産毛を全部剃ることによって丈夫で健康的な髪の毛が生えてくると信じられていた為です。

 

それと共に、更に成長を遂げて長生きが出来るように願いを込められていました。

 

七五三を行う時期は11月15日に行う事が本来の日程ですが、近年では10月と11月の都合の良い日に行われる事も多くなっています。

 

出来れば大安吉日を狙ってお参りする事が望ましいでしょう。

 

また、3歳の女の子でまだ小さいですから体調も変化しやすい傾向があります。

 

混雑している場合も避けたいですのであえて10月の比較的静かな時期に行う方も珍しくありません。

 

そして希望の神社や地元の氏神様でお参り祈祷をしてもらう事で成長のお祝いの儀となります。

 

その後は、家族でごちそうを囲みお祝いをするのが一般的です。

 

着用する着物も3歳と7歳では異なります。

 

作りが違う着物となり、3歳の女の子の着物はお腹の締め付けが少ない、小さい子でも負担の少ない三つ身というゆったりした着物を着用します。

 

そしてそのうえから被布と呼ばれるベストの様な物を重ねて着用するのが一般的です。

 

7歳では通常の帯を締めた大人と同じような着物を着用します。

七五三(3歳の女の子)アドバイス

慣れない着物を着ながらのご祈祷は3歳の女の子にとって辛いものです。

 

大人は我慢出来ますが、小さい子どもはご祈祷中我慢出来ずついつい動きだしてしまったりします。

 

大人しくして欲しいと思うのはやまやまですが、そもそも成長をお祝いする儀式ですので、温かい目でご祈祷を受けてください。

 

ご祈祷中、飽きてしまって泣いてしまう事もあるかもしれませんが、音の出ない絵本を持参したり、ぬいぐるみを持参するなど、退屈をしない工夫をするのも一つの方法です。

 

また時期も丁度寒くなってくる時期ですので温かい羽織りが一枚あると良いでしょう。

 

神社の本堂はひんやりとして子供にとっては寒い環境である事が多いですので必須アイテムです。

 

また、着物ですので足元は足袋に草履となりますが、神社の場合砂利道等で足元に注意が必要ですので歩きやすい靴に履き替えても良いでしょう。

 

お父さんお母さんもなれない環境で小さいお子さんを参拝させますのでぐずっても良いようにフォーマルでありつつ、動きやすい服装で参拝する事が望ましいです。

 

3歳の女の子にとって着物は窮屈ですので、参拝後すぐに着替えられるようにフォーマルな洋服を用意しておくと次の会食での場でも特別感が演出出来ます。

七五三(3歳の女の子)お役立ちアイテム

親も初めての七五三だからトラブルは付き物です。

 

特に3歳の小さい女の子の場合、着物を着ているだけで窮屈で嫌がる事も考えなければいけません。

 

そして着用する着物はレンタルである場合が多いですので汚さないように扱わなければいけません。

 

その為大小のタオルを持参する事は必須です。

 

何かの度に使えますし、食事をする際にもバスタオル等の大きめのタオルを前掛けにして使用すると汚れ防止となります。

 

また、10月11月は気温の変化が著しく変わってしまいますので、寒さ暑さ対策のグッズは必需品です。

 

寒ければブランケット等を、暑ければ汗を拭けるようにウエットティッシュ等を持っておくと便利でしょう。

 

また長時間着物を着用する事は小さい体の負担にもなりますので、参拝や写真撮影等が終われば着物をすぐに脱がせてあげ、会食へも行けるような少しフォーマルな動きやすい服を持参しておくと良いでしょう。

 

もちろん、靴も歩きやすい靴を忘れずに持参します。

 

またご祈祷中に退屈をしてしまいぐずったり動いたり、騒いだりしてしまう恐れもありますので音の出ないおもちゃやぬいぐるみ、お菓子などがあれば子供の気を引くことが出来ます。

 

親も初めての環境で慣れないですが、子どもはもっと慣れない環境です。

 

安心して七五三が行えるように予防出来るトラブルは事前に準備出来るアイテムで回避しましょう。


関連ページ

1歳の一升餅
1歳の一升餅について。
七五三(3歳の男の子)
七五三(3歳の男の子)について。
七五三(5歳の男の子)
七五三(5歳の男の子)について。
七五三(5歳の女の子)
七五三(5歳の女の子)について。

ひよこキャンペーン

ベビー用品をはじめ、ファミリー向けの品揃えが豊富な「ひよこはうす」の公式総合通販サイト!

ひよこ百貨店は
コチラから


世界の貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン
このサイト(ひよこはうす|キッズパーク)は、各大手ポータルサイトのディレクトリに、人の目による厳しい審査を通過して登録されています!

キッズパーク
スマホサイトはコチラ

https://babyciao.jp/


事業者名:ひよこはうす

事業責任者:高桑 敦司

郵便番号:259-0201

都道府県:神奈川県

市区町村:足柄下郡真鶴町

番地・号:真鶴374-1

電話:090-2314-9392

メール:kids@nd.ciao.jp

「ひよこはうす」へのお問い合わせ方法は原則としてメール( キッズパーク専用お問い合わせフォーム )からのみとし年中無休の24時間受付ておりますが、お問い合わせへのご回答は誠に勝手ながら土日祝日を除く午前10時〜午後10時までとなりますので予めご了承ください。


ホーム 赤ちゃんの成長 赤ちゃんの行事 赤ちゃんの病気 幼児の成長 幼児の行事 幼児の病気 お問い合わせ