七五三(3歳の男の子)


七五三(3歳の男の子)について

七五三のお祝いをするのは、一般的には女の子は3歳と7歳、男の子は5歳というように性別で違います。

 

ですが、最近は女の子でも5歳を含めた3,5,7歳すべてでお祝いをする場合もありますし、男の子でも3歳をお祝いするケースも少なくありません。

 

せっかくの機会ですし、できるかぎりたくさん晴れ着を着せてあげたいという家庭が多いのでしょう。

 

男の子で3歳のお祝いをする場合は、現在は満3歳で七五三を行う方も多いですが、地域や家庭によっては数えの3歳、つまり2歳で七五三を行う方もいまだに多いでしょう。

 

その1年の違いは大きく、2歳の男の子を1日慣れない着物を着せて連れ歩くのは非常に大変です。

 

3歳の男の子も、動き回りたい年ごろなので、じっとして写真を撮らせてもらうのは大変でしょう。

 

3歳のお祝いをしたい思っても、その大変さを想像して敬遠してしまっている方も多いのではないでしょうか。

 

子供にとっても負担が多いことは間違いないのですが、すこしでもその負担を軽減し、せっかくのハレの日を笑顔で終えられるよう、準備と対策はしっかりしましょう。

 

衣装ですが、満3歳の場合は、5歳の時と同様な袴を着せることも可能です。

 

体つきもしっかりしてきますし、着付けをするときもしっかり一人で立っていられる子も多いからです。

 

その点、数えの3歳で袴を着せるのは大変な作業で、着せるだけで子供も親も疲れ切ってしまうので、着せる衣装は被布がお勧めです。

 

被布はスカートのようになっているので被せて着させることができるので、着付けが圧倒的に楽です。

 

着付け時間が短いということは、子供の機嫌を損ねる可能性が低くなるので、その後の写真撮影でもご機嫌でいてくれる可能性が高まります。

 

また、被布が着れるのは3歳のときだけなので、貴重という意味でもおすすめです。

 

とはいえ、逆にとらえると被布を購入しても1度しか着る機会がないので、不経済だと思う方はレンタルや写真スタジオで写真を撮るだけにするなど、検討してみてはいかがでしょうか。

 

その写真スタジオを利用するメリットは、いろいろとあります。

 

スタジオによっては、お参りに出かけるおでかけもOKにしているところも多いですし、面倒な衣装の着付けや終わった後の片づけも楽です。

 

家族等慣れ親しんだ人が着付けるときは、甘えてわがままになりがちな子供も、知らないプロ相手だと大人しくしてくれる場合が多いです。

 

家族だけで七五三を行おうとすると、慣れない衣装やお参りで疲れてしまい、結局きれいな写真が残っていないということもあるので、予算と折り合いをつけて、無理せずプロを頼るのも一つの手です。

七五三(3歳の男の子)アドバイス

3歳という年齢は、女の子はびっくりするほど大人びてくるのに比べて、男の子はまだまだ子供っぽさがある年齢です。

 

女の子は衣装の好き嫌いもはっきりしますし、綺麗になれると言い聞かせれば、大人しく着付けやセットもさせてくれて、写真のポーズも上手です。

 

男の子は人見知りの残っている子も多いですし、たくさんのなだめるアイテムを用意しておかないと、着付けすらままならない場合もあります。

 

七五三当日までに、ポジティブなイメージを持たせることが重要です。

 

お参りでもらえる千歳あめがおいしいとか、衣装がいかにかっこいいものか話したり、ちゃんとできたらお祝いをしようなど、当日が楽しみになるよう早めの時期から話しておきましょう。

 

慣れない場所に行くと緊張してしまう子もいるので、お参りする場所が近い場合は、下見をしてみたり、写真スタジオを利用する場合は、事前に衣装を選びにきたり等、当日緊張しないように気持ちをほぐしてあげましょう。

 

当日は、多少のことでは怒らないのも大切です。

 

怒ってしまい子供がないてしまうと、泣き止んだころには機嫌を損ねて何もさせてもらえなくなる場合もあります。

 

多少のことは我慢して、おだててたくさん褒めてあげましょう。

七五三(3歳の男の子)お役立ちアイテム

機嫌を持ち直すためのアイテムは必須です。

 

当日はどこも込み合っていますし、すぐにあげれるようお菓子や飲み物は持参した方が良いです。

 

いつもより種類を多めにしたり、お気に入りのものを持っていくと、機嫌よく過ごしてくれます。

 

ヒーローもの等、お気に入りのおもちゃも持参したほうが良いです。

 

写真撮影の時、目がいきますし、このヒーローのおもちゃのようにかっこいいポーズをしよう等、子供をのせるのに使えます。

 

基本的には、丸一日衣装を着たままでいてくれる可能性は低いと思っていたほうがいいので、着替えも持って行ったほうがいいです。

 

写真撮影や、参拝まで等、どうしても衣装でいてほしいポイントを決めておいて、あとは機嫌次第ですぐに着替えたほうが、無理なく親子ともに過ごせます。

 

その場合の着替えは、楽であることも重要ですが、正装に見えるような、白いシャツに黒いズボンと簡単に取り外しができる蝶ネクタイ等、万が一その恰好で写真を撮影しても様になるような服を用意しておいた方が良いでしょう。

 

そして事前に1回着せておくほうが、子供も不安がなくなるのでおすすめです。

 

神社や外は気軽に座れる場所も少ないので、レジャーシートや大きめのタオルを持って行って、せめて子供だけでも休憩できるようにしておくのもおすすめです。


関連ページ

1歳の一升餅
1歳の一升餅について。
七五三(3歳の女の子)
七五三(3歳の女の子)について。
七五三(5歳の男の子)
七五三(5歳の男の子)について。
七五三(5歳の女の子)
七五三(5歳の女の子)について。

世界の貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン
このサイト(ひよこはうす|キッズパーク)は、各大手ポータルサイトのディレクトリに、人の目による厳しい審査を通過して登録されています!

キッズパーク
スマホサイトはコチラ

https://babyciao.jp/

「ひよこはうす」へのお問い合わせ方法は原則としてメール( ひよこはうす|お問い合わせフォーム )からのみとし年中無休の24時間受付ておりますが、お問い合わせへのご回答は誠に勝手ながら土日祝日を除く午前10時〜午後10時までとなりますので予めご了承ください。


ホーム 赤ちゃんの成長 幼児の成長 子どもの成長 赤ちゃんの育児 幼児の子育て 子どもの子育て お問い合わせ