4歳の幼児の成長


4歳の幼児の成長について

4歳は平均身長が100センチを超え始める年齢で、1年の間で更に6センチの成長が期待できます。

 

一方の体重は16キロ超と、大人にしてみればまだまだ軽めですが、それでも1年前よりは7キロほど成長することになります。

 

身体機能がこれまでよりも高まるので、体を使った遊びに夢中になったり、元気良く走り回る姿を見ることができます。

 

特に、足腰の成長が著しい年齢ですから、ジャンプして高い所に手を伸ばしたり、ブランコを漕ぐなどの遊びが楽しくなるはずです。

 

子どもが脚を使う楽しさに気が付く成長を見せるだけあって、意味もないのに片足立ちやぐるぐると回って見せたり、おかしな動きで周囲を笑わせることもあるでしょう。

 

勿論、4歳が成長する運動機能は下半身だけでなく、指先で細かな作業を行ったり、ハサミなどの道具が上手く使えるようになります。

 

道具を使うことを覚えますから、できることが増えるので、子ども自身の世界が広がる時期だといえます。

 

言葉の発達も4歳児に見られる成長の一つで、時間を交えた会話ができたり、説明をする時に理由が言えることも珍しくありません。

 

興味を持った言葉を何度も真似るので、その点には子どもらしさが現れますが、言葉を吸収して成長している実感にも気が付けます。

 

既に自分の価値観を持ち始めていて、幼稚園などの集団生活にも慣れている頃合いですから、他人に興味を持ったり比べることが多くなります。

 

女の子のおままごとは特徴的で、大人から見ると不思議な設定でやり取りが行われたり、面白おかしく話が発展することもあるものです。

 

物語の楽しさや想像力が育っている証拠ですから、思う存分楽しませて成長させるのが親の務めとなります。

 

自己主張は周囲に自分を認めてもらいたい、あるいは仲間に入れて欲しいという気持ちの表れです。

 

意見が受け入れられずお友達と喧嘩をすることもあるでしょうが、それはまだ自分と他人の違いの理解が不足していたり、他人を思いやる気持ちが成長している途中だと考えられます。

 

大抵の場合、4歳児は時に喧嘩をして他人との違いを知ったり、距離感を掴んで人間関係のスキルが成長します。

 

欲しい物をねだったり、わがままを言うこともありますが、これも当然ながら価値観が成長している証拠です。

 

感情を見せて頭ごなしに叱ると、子どもの価値観を否定することになりますから、まずは自分の考えが育っている成長を喜び、それから適切に対応してあげることが大切です。

4歳の幼児の子育てアドバイス

身体機能の向上に伴って、4歳の子どもは行動範囲が自然と広がりますから、車道への飛び出しや危険な場所での自由行動には注意が必要です。

 

道具は使える物が増えますから、ハサミや尖った物を手にする時は注意を促し、安全な使い方を教えてあげることが求められます。

 

中でも、包丁などの大人が使う道具は、好奇心と相まってスキを見て取り出したり、勝手に振り回すような状況が発生しがちです。

 

目や手の届く場所にある物は、興味を持てば手にすると考えられますから、手の届かない所に保管するように気を付けましょう。

 

思いやりの精神についても、4歳頃に学んだり成長することが多く、さっきまで喧嘩をしていたのにお友達と一緒に泣いている、といった事態が度々起こります。

 

これは自分の主張が通らなかったケースに限らず、自己実現が上手く行かないこともあると理解したり、相手にも自分とは異なる気持ちがあると気が付いた結果、このような状況が発生するものです。

 

4歳頃の子どもにとって、感情の表現や変化は成長のステップアップですから、感情の理解を深めるヒントを教えたり、健やかな成長に導いてあげることが理想的です。

 

また、子どもは話を聞いて欲しかったり、認められたいと何時も思っているので、忙しくても耳を傾ける時間を設け、頑張りや良いことを報告したら素直に褒めてあげましょう。

4歳の幼児のお役立ちアイテム

4歳に成長した時は、無事に育ったお祝いを兼ねて、履き心地の優れる靴をプレゼントしてあげると良いでしょう。

 

脚が成長して運動機能が高まると、子どもは意味もなく飛び跳ねたり、走り回って脚の使い方を覚えます。

 

しかし、合わない靴を身に着けていれば、着地に失敗して足を挫いたり、上手く走れなくて脚の使い方に変な癖がついてしまいます。

 

子どもも足は大人と同様に人それぞれ形が違いますし、合わなければ痛くなったり違和感を覚えますから、足に合う靴こそが4歳児にまず必要なアイテムです。

 

道具に興味を持つことは、好奇心が育っている現れですから、なるべく道具は使わせる必要があります。

 

ただ、大人用は大き過ぎて手に合わなかったり、重くて上手く使いこなせない恐れがあるので、子どもサイズの道具がお役立ちアイテムとなるでしょう。

 

例えば、手のひらサイズで刃先が丸くなっているハサミは本人にとって使いやすく安全で、大人には安心して与えられるアイテムとなります。

 

内面の成長やコミュニケーション能力の向上に対しては、他人との関わり方が教えられる、そういった内容の絵本がお役立ちアイテムに最適です。

 

読み聞かせの時間を作る切っ掛けにもなりますし、実生活でお話と同じような出来事を経験している場合、絵本は分かりやすく説明できる教材になるので便利です。


関連ページ

1歳の幼児の成長
1歳の幼児の成長について。
2歳の幼児の成長
2歳の幼児の成長について。
3歳の幼児の成長
3歳の幼児の成長について。
5歳の幼児の成長
5歳の幼児の成長について。
6歳の幼児の成長
6歳の幼児の成長について。

ひよこキャンペーン

ベビー用品をはじめ、ファミリー向けの品揃えが豊富な「ひよこはうす」の公式総合通販サイト!

ひよこ百貨店は
コチラから


世界の貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン
このサイト(ひよこはうす|キッズパーク)は、各大手ポータルサイトのディレクトリに、人の目による厳しい審査を通過して登録されています!

キッズパーク
スマホサイトはコチラ

https://babyciao.jp/


事業者名:ひよこはうす

事業責任者:高桑 敦司

郵便番号:259-0201

都道府県:神奈川県

市区町村:足柄下郡真鶴町

番地・号:真鶴374-1

電話:090-2314-9392

メール:kids@nd.ciao.jp

「ひよこはうす」へのお問い合わせ方法は原則としてメール( キッズパーク専用お問い合わせフォーム )からのみとし年中無休の24時間受付ておりますが、お問い合わせへのご回答は誠に勝手ながら土日祝日を除く午前10時〜午後10時までとなりますので予めご了承ください。


ホーム 赤ちゃんの成長 赤ちゃんの行事 赤ちゃんの病気 幼児の成長 幼児の行事 幼児の病気 お問い合わせ