1歳〜6歳までの幼児の年齢別成長


1歳〜6歳までの幼児の年齢別成長について

幼い子どもの成長は著しく、特に1歳から6歳までには多くの変化が見られます。

 

たとえば1歳になると0歳のころより、はるかに体が大きくなります。

 

生まれたてのときの体重と比べると、2倍以上になっているケースがほとんどです。

 

体重が増えるには、栄養の十分な摂取が欠かせません。

 

それまで不規則だった食事のリズムが整って、1歳になると3食を摂る習慣が付き始めます。

 

2歳になると食べ物への興味が強くなり、スプーンなどを使うようになることが多いです。

 

言葉も1歳のころより上達し、2語を続けて話すようになります。

 

話す内容にも意味が伴ってきはじめるのも特徴です。

 

たとえば年齢を答えられたり、名前の呼びかけに返事できたりします。

 

いろいろなことに興味を持ち、他の人の真似をしはじめるのも2歳ごろです。

 

3歳になると、着替えをしたり箸を使ったりするなど、高度なことに挑戦するようになります。

 

なかなか上手くできないことも多いですが、次第にできるようになることも多いです。

 

最初は大人のサポートが必要だったトイレや歯磨きも、独力で実行できるようになる子もいます。

 

また足腰も発達してきて、階段の上り下りなどもスムーズに行いやすくなります。

 

コミュニケーション能力も芽生えはじめ、同じ年代の子どもと遊べるようになりやすいです。

 

それに伴って挨拶の習慣もつきます。

 

そして4歳になると、さらに高度なことが可能です。

 

たとえば箸を無暗に使うのではなく、食べたいものを口まで正しく運べます。

 

衣類の着脱だけでなく自分で片付けられますし、親の手伝いを始めるケースも少なくありません。

 

わがままを押し通すことが減り、相手の意見を尊重できるようになる子も見られます。

 

自分の考えを相手に伝える力も、この時期に飛躍的に上達する傾向があります。

 

5歳になると、一人でできるようになることが非常に多いです。

 

トイレや食事のサポートはほとんど必要なくなります。

 

手伝いに関しても、掃除など高度なことを行えます。

 

数の概念を理解して、数字をかぞえたり時間を気にしたりすることも珍しくありません。

 

6歳になった子どもは、それだけでなく簡単な計算も可能になります。

 

また数字だけでなく平仮名も理解しはじめるのが一般的です。

 

さらに時間だけでなく曜日の概念を把握する子もいるなど、知識が著しく増える時期といえるでしょう。

 

遊びに関しても自分達で規則を設けるなど、これまでより複雑な遊戯を楽しめるようになります。

1歳〜6歳までの幼児の子育てアドバイス

1歳になったら食事の内容に気を付けましょう。

 

お米を食べることが可能になりますが、まだ噛む力や消化する力が良いです。

 

簡単に潰せるぐらいの柔らかさにしてください。

 

2歳になると周囲の物や人を認識できるので、それを前提とした接し方をすることが大切です。

 

無言でサポートをするのではなく、常に声掛けをしながら手伝ってあげましょう。

 

一人できるようになることが増える3歳は、積極的に多くのことを教えてかまいません。

 

2歳のころと同じで、声掛けを欠かさないことが重要です。

 

挨拶やマナーに関しても、基本的なことはこの時期に教えるつもりで接してください。

 

4歳の子どもは自己主張が強くなるので、それを聞いてあげましょう。

 

手伝いをしてくれたときに、褒めてあげることも忘れてはいけません。

 

自尊心を育む絶好の時期といえるでしょう。

 

5歳になると子どもなりに社会とのつながりを意識しはじめます。

 

人との触れ合いの機会を増やすと、優しい心が育まれやすいです。

 

感受性が強くなるので、心の変化を読み取ってサポートしてあげる必要があります。

 

6歳になると数字や平仮名を使えるようになるので、多くのことを理解できます。

 

そのため時間を決めて、家庭学習を始めるのもおすすめです。

1歳〜6歳までの幼児のお役立ちアイテム

1歳や2歳の子どもは、親の考えどおりに動いてくれません。

 

そのため家事などの邪魔になることが少なくないです。

 

そこで役に立つのがDVDなどが見られるポータブルのプレーヤーです。

 

子どもが興味を持つ内容のコンテンツを流しておけば、それに注目するようになります。

 

この頃の子どもは1度に複数のことができないので、見始めたら大人しくなることが多いです。

 

その間に家事などを済ませられるメリットがありますが、目が悪くならないないように気を付ける必要もあります。

 

2歳や3歳ごろになると動き回るようになるので、その対策をすることも大切です。

 

しかしベビーサークルに留めておくのは困難です。

 

そのため危険な場所に入れないように、ゲートを設けるのが一般的です。

 

刃物がある台所の入口などに設置すると良いでしょう。

 

4歳や5歳の子育てには、絵本を有効活用するのがおすすめです。

 

物語を理解できるので、読み聞かせてあげると喜びます。

 

寝る前の読み聞かせを習慣にすると、夜遊びをしなくなり寝つきが良くなります。

 

5歳や6歳になると知識を急激に吸収するので、知育のグッズを試してみましょう。

 

パズルや積み木の玩具は楽しみがながら知性を育めるのでメリットが大きいです。

1歳〜6歳までの幼児の年齢別成長記事一覧

1歳の幼児の成長

大変だった出産から1年経ち、片手で抱けていた赤ちゃんが自分の意志で自由に体を動かせるようになってきます。よちよちと歩き始めている赤ちゃんも多く見られるようになるのが1歳ごろからです。体の大きさは産まれたときと比べて約3倍近くに。身長は約1.5倍くらいの大きさに成長します。今まで丸々としていた赤ちゃん...

≫続きを読む

 

2歳の幼児の成長

小さかった赤ちゃんも2歳になると、ずいぶん子どもらしくなってきます。身長は82cm前後、体重は12kgくらいです。平均して、ややスマートになり赤ちゃんから子どもの体型になってきます。2歳児は魔の2歳児と呼ばれており、自我が芽生えてくる時期です。そのことで、今までは大人の言うことに素直に従っていたのが...

≫続きを読む

 

3歳の幼児の成長

3歳になると、身長は1年間で7cmほど伸び、体重は1年間で1kgほど増えます。身長の伸びは2歳児時代と同程度ですが、体重の増え方は穏やかになります。赤ちゃんの時に比べ全身のバランスがよくなり、筋肉もよく発達する時期です。この時期には、たくさんの運動をすることで、身体がしっかりと成長するだけでなく、運...

≫続きを読む

 

4歳の幼児の成長

4歳は平均身長が100センチを超え始める年齢で、1年の間で更に6センチの成長が期待できます。一方の体重は16キロ超と、大人にしてみればまだまだ軽めですが、それでも1年前よりは7キロほど成長することになります。身体機能がこれまでよりも高まるので、体を使った遊びに夢中になったり、元気良く走り回る姿を見る...

≫続きを読む

 

5歳の幼児の成長

5歳とは、小学校入学前の1年間で、体の発育や心の成長、知能の発達など成長が目覚ましい時期です。5歳から6歳の間に、体重は出生時の5〜6倍になり、6歳に近づくと18sを超える子どもが多くなります。身長は、男女ともに平均して約6pは伸びる子が多いです。5歳の終わりの時期には、身長や体重の個人差がかなり出...

≫続きを読む

 

6歳の幼児の成長

6歳になると幼稚園や保育園を卒園して小学校に入学する時期です。この時期の大きな特徴は保護者と離れて一人で身の回りのことができるようになる子が多いということです。小学校に入ると登下校はもちろん学校での生活では自立していることが求められます。先生もクラスに一人の担任のみとなり、勉強を教えてはくれますが身...

≫続きを読む

 


世界の貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン
このサイト(ひよこはうす|キッズパーク)は、各大手ポータルサイトのディレクトリに、人の目による厳しい審査を通過して登録されています!

キッズパーク
スマホサイトはコチラ

https://babyciao.jp/

「ひよこはうす」へのお問い合わせ方法は原則としてメール( ひよこはうす|お問い合わせフォーム )からのみとし年中無休の24時間受付ておりますが、お問い合わせへのご回答は誠に勝手ながら土日祝日を除く午前10時〜午後10時までとなりますので予めご了承ください。


ホーム 赤ちゃんの成長 幼児の成長 子どもの成長 赤ちゃんの育児 幼児の子育て 子どもの子育て お問い合わせ