7歳〜12歳までの子どもの病気と予防対策


7歳〜12歳までの子どもの病気と予防対策について

7歳〜12歳は小学校に通う年齢ですが、体は成長に伴って少しずつ免疫力が強くなってくるので幼少期ほど感染症に悩まされることが少なくなっていきます。

 

また体の変化や痛みなどを大人に伝えることもできるようになるので、病気の発見も早くできることが増えていきます。

 

その一方で増えてくるのが心的要因の病気と生活習慣が影響する病気です。

 

心的要因の病気としては精神疾患でもある小児うつがあり、他にも睡眠不足や摂食障害による体の病気などがあります。

 

心的要因の病気になってしまう子供の多くは学校や家庭にきっかけがあることが大半です。

 

友人関係が親密になってくる年代であるためトラブルになってしまうケースも多く、そういったことがきっかけで病気へと進んでいってしまいます。

 

そのためできるだけ子供の変化には学校や家庭にいる大人が気づき対応してあげることで、予防対策ができます。

 

心の病気は目に見える変化が少ないこともあるため、できるだけ周囲の人間が様子を観察し注意してあげることが求められています。

 

そして生活習慣が影響する病気では糖尿病や肥満による臓器不全などがあります。

 

子供は好きなものを食べたいという気持ちがあれば自制心がまだ未発達なため、加減ができなくなってしまうこともあります。

 

そのため食べたいものを食べたいだけ食べていれば、自然と病気にかかるリスクは高くなっていきます。

 

また机に座って勉強する時間が長くなるので、運動不足になってしまう子供も増加します。

 

近年は子供が自由に遊べる環境というのが少なくなってきていることもあり、運動不足の子供がとても増えています。

 

たくさん食べていても運動すれば問題はありませんが、動かないとなれば肥満になってしまいます。

 

子供のうちに肥満になってしまうと糖尿病や高血圧の要因にもなりうるため、成長しても肥満になる可能性を高めてしまいます。

 

体が長期間肥満であればあるほど生活習慣病のリスクは高くなってしまうため注意が必要です。

 

予防対策としてはまずは十分に体を動かすことであり、これは健康維持に大きな効果をもたらします。

 

7歳〜12歳は成長が著しい時期でもあるのでできるだけ極端なダイエットはしないほうがいいとされています。

 

そのため食べる量を減らすよりも運動量を増やして体重をコントロールすることがふさわしい対策になります。

 

またそれでも予防効果が認められない時は、軽い食事制限も加えて行うことで十分な予防をすることもできます。

7歳〜12歳までの子どもの病気と予防対策アドバイス

7歳〜12歳は心の病気と生活習慣病にかかる子供が増加してきますが、予防をする上では周囲の大人の理解も必要になってきます。

 

まず家庭で予防対策をするのはもちろんのことではありますが、一日の長い時間を過ごす学校でも対策をすることが大切です。

 

子供が心の病気になってしまう原因の多くは学校にあるとされていて、友人関係や勉強その他に教師との関係などで悩んでしまう子供が多いためです。

 

本来であれば悩んでいることは教師に相談することで解決できるのでしょうが、それができないために病気になってしまうまで、悩んだまま放置されている子供がいるのです。

 

そのため学校関係者は子供の様子をよく観察し、相談しやすい環境を整える必要があります。

 

また家庭では子供の様子をよく観察し、些細な変化も見逃さないようにすることが大切になってきます。

 

生活習慣病の予防対策としては学校では休み時間に外で体を動かすことを子供に促し、きっかけづくりをしてあげることが求められます。

 

また遊びを通して運動の楽しさを伝える試みなどで、子供の運動不足解消に役立てることが必要です。

 

さらに家庭では親も一緒に運動することを意識し、その他に食事管理をして余計な食べ物は与えないようにすることも重要です。

7歳〜12歳までの子どもの病気と予防対策お役立ちアイテム

子供の病気を予防する時に役立つアイテムには、健康維持に効果を発揮するものが最適です。

 

外で体をたくさん動かすことは生活習慣病の予防と、ストレス発散にも効果が期待できます。

 

子供であってもストレスは溜まるので、適度に発散させてあげることでリラックスでき、精神的にも安定するようになります。

 

役立つアイテムとしては縄跳びがおすすめで、屋外でも屋内でも利用でき保管にも場所を取りません。

 

広いスペースが無くてもできるので、毎日気軽に続けやすいというメリットもあります。

 

7歳〜12歳はだんだん複雑な動きもできるようになってくるので、二重跳びや交差飛びなどを取り入れることも可能です。

 

縄跳びは短い時間でも運動量が多いので、忙しい子供たちでも取り組みやすい特徴があります。

 

他には学校に通っていると風邪などの病気ももらいやすくなってしまうため、毎日の予防対策でうがい・手洗いが重要になってきます。

 

手洗いは泡タイプのハンドソープだと子供でも簡単に使えるのでおすすめで、うがい薬を使ってしっかり菌を消毒することもできるようになります。

 

こういったアイテムを使って毎日の健康管理に努めながら、その他の病気にかかってしまうリスクを減らす対策も合わせて行うとより効果的です。



世界の貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン
このサイト(ひよこはうす|キッズパーク)は、各大手ポータルサイトのディレクトリに、人の目による厳しい審査を通過して登録されています!

キッズパーク
スマホサイトはコチラ

https://babyciao.jp/

「ひよこはうす」へのお問い合わせ方法は原則としてメール( ひよこはうす|お問い合わせフォーム )からのみとし年中無休の24時間受付ておりますが、お問い合わせへのご回答は誠に勝手ながら土日祝日を除く午前10時〜午後10時までとなりますので予めご了承ください。


ホーム 赤ちゃんの成長 幼児の成長 子どもの成長 赤ちゃんの育児 幼児の子育て 子どもの子育て お問い合わせ