9歳の子どもの成長


9歳の子どもの成長について

9歳の子どもの成長の特徴は自分一人の世界から、他人と関わる中での自分の立ち位置がわかってくる時期だということです。

 

小学校に入るようになる頃から、友達付き合いが増えていきますが、友達と一緒にいても自分中心な世界で過ごしている子がほとんどです。

 

それが9歳頃になると社会性が芽生えるのと共に、世界の中で自分はどのような存在なのかということを考え始めるようになります。

 

そういったことを自覚することで他人の気持ちを考えるようになったり、集団で過ごす時のルールを守れるようになっていきます。

 

抽象的な事柄も考えるようになってくるので、色々な物事への理解が深まります。

 

例えば今までは時計を見ても何時かどうかという時間だけを見ていましたが、予定の時間に間に合うようにするには何時間前に準備を始める必要があるかなども考えることができるようになり、時間を見ながら計画を立てて予定通りに物事を進めようという意欲が出てきます。

 

そういった兆候が見られた時には、親の方から意識して時間に関係する話をすると、子どもに興味がある時期なのでどんどん吸収していきます。

 

この時期に時間の使い方などの基本的な教育を行っておくと良いでしょう。

 

体の発達としては、これまではできなかったような細かな動きや複雑な動きができるようになります。

 

また知識としての理解力も深まるために、学校で習った理科の実験を家でやりたがったりすることもあります。

 

こういったことは興味を持つものに個人差があり、同じ9歳でも理科には全く興味を持たない子もいれば、料理が好きな子、絵をかくことや工作が好きな子など様々です。

 

そして興味のあることが変化しやすい時期でもあります。

 

親が学んでほしいと思っていることには興味を示していなくても、いつの間にか楽しそうに興味を持っているということがあります。

 

親の好みでやりたいことを決めるのではなく、子ども自身の好奇心に沿ってやりたいことを決めるようにしていくと、子どもも気持ち良く好きなことができます。

 

たとえ親が好ましくないと感じているような内容のことでも、そこから子どもはたくさんのことを学んでいきます。

 

やる前に禁止してしまうのではなく、子どものやりたがっていることをできるだけやらせてあげられるようにサポートしていきましょう。

 

できることが増えてくるので、生活でのルールは理由をつけて破ることが多くなります。

 

ここでは守るべきことは守る必要があるということをしっかりと伝えて生活の中のルールを守って過ごせるようにしましょう。

9歳の子どもの子育てアドバイス

9歳の子どもは物事を複雑に考えられるようになるため、親への口応えの種類も手が込んだものになってきます。

 

また、友達からの影響を受けやすいので親が知らないようなことを話してくることもあるでしょう。

 

今までは親の管理の中で生活をしている時期でしたが、9歳頃からは徐々に外の世界での時間が多くなってきます。

 

そして親以外の価値観に触れたりして、親とは違った考えを持つように成長していきます。

 

今までは素直に言うことを聞いていたのに、聞いたこともないような口答えをするようになっていく姿を見ると心配になってしまこともあるでしょう。

 

しかし、これも成長の中で必要なことです。

 

いつかは親の元から離れて自立していかなくてはいけないため、親も覚悟を持って子どもの世界を尊重するようにしましょう。

 

ただし、まだ子どもだけに判断を任せていい年ではないので、子どもの人間関係や子どもが何を考えているのかをしっかりと把握しておき、見守っていく姿勢を忘れないようにします。

 

そして子どもが外の世界で傷ついて帰ってきた時には優しく迎えてあげましょう。

 

友達関係が大切な時期ですが、友達とのけんかが増える時期です。

 

大きなトラブルにならないように子どもの話をよく聞くようにしましょう。

9歳の子どものお役立ちアイテム

9歳はギャングエイジと呼ばれる時期です。

 

これは親や大人の干渉から離れて、子どもだけで社会を形成し始めるといわれている時期です。

 

こういった成長過程は人が大人になるために必要なもので、親の元を離れることで子どもは不安が強くなりますが、社会に出ていくための練習になる大切な時期です。

 

こういった親以外との関わりは以前の日本社会では普通に見られるものでしたが、今では核家族が増えて家族以外の人との関わりがとりにくい社会になっています。

 

しかし、家族以外の人と関わることはとても大切なことです。

 

そこでしかできない経験があるからです。

 

そのため意識して家族以外の人との時間を作るようにすると子どもの成長によい影響を与えることができるでしょう。

 

祖父母が近くにいる場合には祖父母との時間をつくるようにすると、そこから他の親戚の子どもなどとの関わりも生まれます。

 

近所の子どもたちとも家族ぐるみで付き合うようにすると、兄弟以外の子どもたちと深く関われるようになります。

 

そういった関係の人がいない時には児童館に行ってイベントに参加したり、サークルのイベントに参加するなど、積極的に家族以外の人との時間を持つようにすると子どもの世界が広がります。


関連ページ

7歳の子どもの成長
7歳の子どもの成長について。
8歳の子どもの成長
8歳の子どもの成長について。
10歳の子どもの成長
10歳の子どもの成長について。
11歳の子どもの成長
11歳の子どもの成長について。
12歳の子どもの成長
12歳の子どもの成長について。

ひよこはうすの公式通販

世界の貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン
このサイト(ひよこはうす|キッズパーク)は、各大手ポータルサイトのディレクトリに、人の目による厳しい審査を通過して登録されています!

キッズパーク
スマホサイトはコチラ

https://babyciao.jp/


特定商取引法に基づく表記

事業者名:ひよこはうす

事業責任者:高桑 敦司

郵便番号:259-0201

都道府県:神奈川県

市区町村:足柄下郡真鶴町

番地・号:真鶴374-1

電話:090-2314-9392

メール:kids@nd.ciao.jp

「ひよこはうす」へのお問い合わせ方法は原則としてメール( キッズパーク専用お問い合わせフォーム )からのみとし年中無休の24時間受付ておりますが、お問い合わせへのご回答は誠に勝手ながら土日祝日を除く午前10時〜午後10時までとなりますので予めご了承ください。


ホーム 赤ちゃんの成長 幼児の成長 子どもの成長 赤ちゃんの育児 幼児の子育て 子どもの子育て 公式通販 お問い合わせ