7歳の子どもの成長


7歳の子どもの成長について

7歳は小学校に就学している年齢で、体と心の成長スピードが共に加速します。

 

体育の授業を受けたり、外で遊ぶ機会が増える年齢ですから、食欲が高まって食事量が増えるでしょう。

 

また、そうすると体重が増加するので、身体測定のタイミングで成長を確認できることが多くなります。

 

成長は全身で起こりますが、7歳では脚を中心とした下半身が変化します。

 

脚の骨が急速に成長するので、身長の伸びに驚くことが少なくなかったり、足のサイズが増加するケースも珍しくありません。

 

この時期は、1年間で身長が5センチ以上伸びますし、10センチ位の成長を見せる子どももいるほどです。

 

体重と身長の増加によって、見た目は大人に大きく一歩近付くので、初めての子どもを育てている親であれば、驚きの連続に気が付くことができるでしょう。

 

7歳児の成長は、見た目で分かる外見だけでなく、体の中でも起こって変化しています。

 

例えば、歯の生え変わりは7歳前後で始まると言われていますから、歯がグラグラしたら抜く必要が高まります。

 

1年間で8本は歯が生え変わるので、食事や歯磨き中に頻繁に歯が気になったり、一時的な歯抜けの状態にもなります。

 

精神面においては、人との関わり方の経験が積み重なり、場合によっては悩んで不安定になることもあるはずです。

 

学校に慣れる7歳頃となれば、良く遊ぶ友達が数人はできていますし、相手の好き嫌いもハッキリとし始めます。

 

この年頃は挑戦の意欲が高まりますから、何に対しても興味を持って、自分でやってみたくなるものです。

 

意欲と共に勇気がある子どもは、既に自分で状況や物事を判断しますし、リスクを考えながら挑戦する段階に成長します。

 

つまり、やってみたいと思ったことを分析して問題ないと判断した場合は、自分で挑戦を決めたり自発的に経験を積むようになっています。

 

当然ながら、上手くできなくて失敗するのは日常茶飯事ですから、そこは年相応にイライラして納得できなかったり、精神的に不安定になることもあるでしょう。

 

反対に、子どもによっては挑戦よりも安定志向に成長して、控えめな意欲やおとなしく内気な印象を与える子どもにもなり得ます。

 

7歳は子どもの性格がハッキリする年齢なので、実は見た目以上に内面の成長が進む年齢でもあります。

 

学校では就学前よりも多くの経験を積みますから、そこで責任感が芽生えたりルールを意識するようになります。

 

責任感のある子どもは、ルールを守ることが必要だと考え、約束や決まり事を重視する傾向が強まります。

 

大人の考えや振る舞い方に一歩近付きますから、子どもだからと軽視するのではなく、自分の考えは成長の現れだと尊重することが大切です。

7歳の子どもの子育てアドバイス

体の成長に伴って、7歳頃は食事量が増える年齢ですから、ついついあれこれと食べさせてしまいます。

 

食間のおやつは、食事だけでは足りないエネルギーの補給に必要ですが、食べ過ぎは肥満の原因となるので要注意です。

 

更に、栄養バランスは体の発育に関わりますから、偏らないようにメニューを考えてあげることが不可欠です。

 

体の大きさが半月から1ヶ月単位で変化するので、急に衣服のサイズが合わなくなったり、靴がキツく履きにくくもなります。

 

買い替えの出費が増える年齢ですが、子どもにとって体に合わないサイズは窮屈ですから、ここは諦めて体に合う物を選んであげましょう。

 

中でも、靴は足の正常な発育に影響するので、履きやすく走り回りやすい物を選択することが肝心です。

 

親にとってはまだまだ子どもなので、難しいことはまだ早いと決め付けたり、危ないのでやらせたくないと思いがちです。

 

しかし、7歳は親が思っている以上に好奇心や意欲が強く、何でもやってみたいと思う年頃です。

 

ここで挑戦させると、心身共に大きく成長できますから、どれだけやらせてあげられるかがポイントとなるでしょう。

 

勿論、まだ早いことは少なからずあるので、それを見極めて少しでも多い挑戦のチャンスをあげることが重要です。

7歳の子どものお役立ちアイテム

体を動かしたり色々なことに挑戦したい7歳には、成長を助けるアイテムを用意してあげると良いでしょう。

 

外で遊ぶのが大好きな子どもには、サッカーボールや野球のセットなど、スポーツ関連のアイテムをあげると遊びの幅が広がります。

 

親子のコミュニケーションにも役立ちますし、兄弟や友達同士で遊べるアイテムにもなります。

 

頭脳面では、知的好奇心を刺激してくれる知育玩具も、7歳の成長に役立つアイテムに加わります。

 

指先を使って遊ぶ物は、脳に良い刺激を起こして想像力を掻き立ててくれます。

 

立体的なブロックやパズルは、空間認識能力を高めてくれますから、これも是非取り入れたいアイテムです。

 

頭を使って計算するアナログなゲームは、計算能力の向上と記憶力のアップを期待させてくれるでしょう。

 

一方、責任感を学ばせたい場合は、ペットを飼って一緒に暮らすのも一つの良いアイディアです。

 

ペット自身がアイテムではないものの、時には玩具や知育アイテム以上に、成長を助けてくれたり責任感を教えてくれます。

 

散歩は特に責任感を学ぶのに最適で、リードなどのアイテムの使い方であったり、飼育に必要なアイテムの種類も学べます。

 

子どもとペットが共通して使える玩具を用いれば、一緒に遊んだりコミュニケーションを取る切っ掛けになります。

 

子どもは興味の対象が人それぞれ違いますが、様々なアイテムに触れさせることで、もっと大きく成長できる1年になるでしょう。


関連ページ

8歳の子どもの成長
8歳の子どもの成長について。
9歳の子どもの成長
9歳の子どもの成長について。
10歳の子どもの成長
10歳の子どもの成長について。

ひよこキャンペーン

ベビー用品をはじめ、ファミリー向けの品揃えが豊富な「ひよこはうす」の公式総合通販サイト!

ひよこ百貨店は
コチラから


世界の貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン
このサイト(ひよこはうす|キッズパーク)は、各大手ポータルサイトのディレクトリに、人の目による厳しい審査を通過して登録されています!

キッズパーク
スマホサイトはコチラ

https://babyciao.jp/


事業者名:ひよこはうす

事業責任者:高桑 敦司

郵便番号:259-0201

都道府県:神奈川県

市区町村:足柄下郡真鶴町

番地・号:真鶴374-1

電話:090-2314-9392

メール:kids@nd.ciao.jp

「ひよこはうす」へのお問い合わせ方法は原則としてメール( キッズパーク専用お問い合わせフォーム )からのみとし年中無休の24時間受付ておりますが、お問い合わせへのご回答は誠に勝手ながら土日祝日を除く午前10時〜午後10時までとなりますので予めご了承ください。


ホーム 赤ちゃんの成長 赤ちゃんの行事 赤ちゃんの病気 幼児の成長 幼児の行事 幼児の病気 お問い合わせ