7歳〜12歳までの子どもの年齢別成長


7歳〜12歳までの子どもの年齢別成長について

子どもは7歳を迎える頃には小学校に入学する子がほとんどで、幼児から児童へ移り変わる大切な時期になります。

 

7歳の子どもは身長が122cm前後、体重24kg前後が平均です。

 

まだ子どもらしく可愛らしい体型です。

 

そこから、第二次性徴が徐々に始まり、男女差のある体つきへと変化していきます。

 

12歳になると、体つきも大人びてきて、女子では初潮を迎えている子もでてきます。

 

また、歯が生え換わる時期でもあり、個人差がありますが、少しずつ永久歯へと生え換わっていきます。

 

自転車に乗ったりして行動範囲が広がり、7歳ごろからは1人で外出する子どもが増えます。

 

運動面での発達も大きく、バランスを必要とする動きや、ボールなど物をつかったスポーツが上手にできるようになります。

 

ルールを理解する力も発達するので、野球や、サッカー、バレーボールなどチームを組んで行うスポーツも行えるようになります。

 

最初のうちは、まだ個人競技のような楽しみ方しかできませんが、練習を共に行うことで人間関係を深めることができ、かつメンバー全員で協力してひとつの目的を達成するという行為ができるようになっていきます。

 

勉強が始まることで、字の読み書きから、計算問題まで、物事を論理的に考えることを学ぶ時期です。

 

さらに化学的なことや生物的なことへの興味も深まり、自分の身の回りのことを広い範囲で考えることができるようになる子もいます。

 

興味の範囲は、個人差が大きく、時期によっても興味の対象が移ることも多いでしょう。

 

たくさんのものに触れて、たくさんの経験をして、様々なことへの学びを深める時期です。

 

小学校へ入学することで、精神面でも大きく成長し、低学年の頃は単純な喧嘩ばかりだったのが、高学年になってくると複雑な人間関係が出はじめます。

 

最初のうちは、友達よりも家族のほうが大きい存在だったのが、家族よりも友達が一番だという時期になってくるので、友達同士の人間関係が難しくなってきます。

 

自分の個性がでてくる時期でもあるので、友達付き合いにも、自分の好みが大きく出てくるようになります。

 

小学校という集団生活で、年齢の異なった児童と接する機会が増え、異年齢の付き合いも盛んになります。

 

行事の時などは、高学年が低学年の世話をする機会があり、社会の中での自分の立ち位置がわかってきます。

 

年齢が上がるにつれて、小さい子や手助けを必要としている人への配慮ができるようになります。

7歳〜12歳までの子どもの子育てアドバイス

7歳になると子どもは小学校に行くようになり、子どもと一緒に過ごす時間が減るという家庭が多いと思います。

 

子どもは子どもの世界で過ごす時間が多くなりますが、まだまだ家庭の愛情が重要な時期です。

 

1人で何でもできるようになったからといっても、子ども自身は不安が大きく、保護者の手助けを必要としています。

 

保護者も忙しくなる時期だとは思いますが、休日など子どもと一緒に過ごせる時間を大切にしたい時期です。

 

一緒にいれる時間が少なくなったからこそ、子どもをしっかりと見なくてはいけません。

 

子どもは大きくなると、何でもすぐに親に言うとは限りません。

 

徐々に親への報告が少なくなっていきます。

 

そうすると、今度は親のほうから積極的に子どもに話しかけていくことが大切です。

 

何も言わないけれど、心配事を抱えていることもあります。

 

そういった子どもの変化をしっかりと見るようにしましょう。

 

また、学習面でも親の出番が多くなる時期です。

 

子どもの学習は毎日少しずつが基本です。

 

特に低学年のうちは、子ども自身に学習の習慣がついていないので、親の補助がないと学習を始めることさえ難しい子もいます。

 

親子で一緒に取り組む姿勢で学習していきましょう。

7歳〜12歳までの子どものお役立ちアイテム

歯が生え換わる時期なので、乳歯を入れる可愛い容器があると、抜けた歯を大事に保存することができます。

 

抜けた歯をとっておきたい場合には、子どもに事前に伝えておかないと、子どもが抜けた歯をなくしてしまうことがよくあります。

 

そのような時にも、事前に乳歯を入れる容器を子どもに見せておくことで、自分の歯を容器に入れる楽しみを作ることができます。

 

学校など親のいないところで歯がぬけることが多いので、乳歯をとっておきたい場合には、子どもに伝えておきましょう。

 

この時期の子どもたちは、工作が大好きです。

 

空き箱も包装紙もなんでも工作の材料になります。

 

大人が思ってもみなかった発想をするので、なにか不要なものを捨てる時には、子どもに使いたいかどうかを聞いてみると、そこから創作活動が始まることがあります。

 

ノリやテープ、はさみなど文房具類は多めに準備しておきましょう。

 

100円均一で飾りに使えそうなものがたくさん揃っているのでおすすめです。

 

また、壊れた時計などを分解するのも、子どもは喜びます。

 

ドライバーなど、サイズをそろえておくと、色々なものを分解して、仕組みを知ることができます。

 

仕組みを知って自分で作り出す子もいるので、工具類を揃えておくと役立ちます。

7歳〜12歳までの子どもの年齢別成長記事一覧

7歳の子どもの成長

7歳は小学校に就学している年齢で、体と心の成長スピードが共に加速します。体育の授業を受けたり、外で遊ぶ機会が増える年齢ですから、食欲が高まって食事量が増えるでしょう。また、そうすると体重が増加するので、身体測定のタイミングで成長を確認できることが多くなります。成長は全身で起こりますが、7歳では脚を中...

≫続きを読む

 

8歳の子どもの成長

8歳になると子どもの身長は120cm以上に伸びて、その後もどんどん成長する期間が続きます。成長の幅に個人差はありますが、平均すると年間で5cmは身長が伸びることになります。集団生活に体が慣れる頃でもありますから、免疫力が増して病気に強くなります。小さい頃は病気がちで体が弱かった子どもも、8歳になれば...

≫続きを読む

 

9歳の子どもの成長

9歳の子どもの成長の特徴は自分一人の世界から、他人と関わる中での自分の立ち位置がわかってくる時期だということです。小学校に入るようになる頃から、友達付き合いが増えていきますが、友達と一緒にいても自分中心な世界で過ごしている子がほとんどです。それが9歳頃になると社会性が芽生えるのと共に、世界の中で自分...

≫続きを読む

 

10歳の子どもの成長

10歳という年齢は昔から子どもから大人への変換の時としてとらえられていました。それほど大きな変化があるのが10歳の子どもの特徴です。またこの時期になると個人差による変化も大きくなってきて、体つきはもちろん精神的な違いも大きくなってきて個性がはっきりとしてきます。10歳に入ると学校での勉強が具体的なも...

≫続きを読む

 

11歳の子どもの成長

11歳は、いわゆる思春期、反抗期に突入する時期です。体の成長も目覚ましいですが、心や精神的な成長が見られる大事な時期でもあります。男の子であれば、平均身長は145.0cm、体重約38.3s、女の子の平均身長は、146.8cm、体重約39.0sと女子の方が若干成長が早いことも特徴です。著しく成長する時...

≫続きを読む

 

12歳の子どもの成長

12歳になると小学校を卒業する年で、いよいよ中学校へ入学します。この時期は身体は大人の体型へと向かって大きくなりつつあり、成長期の途中で身長や体重が一気に大きくなることもあります。第二次成長期を迎えている子が多く男女差が明らかになってきます。身体的にも精神的にも男女の差が大きくなり、男女関係では新し...

≫続きを読む

 


ひよこはうすの公式通販

世界の貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン
このサイト(ひよこはうす|キッズパーク)は、各大手ポータルサイトのディレクトリに、人の目による厳しい審査を通過して登録されています!

キッズパーク
スマホサイトはコチラ

https://babyciao.jp/


特定商取引法に基づく表記

事業者名:ひよこはうす

店舗名:CHICK RHYTHM

事業(店舗)HP責任者名:

高桑 敦司

郵便番号:259-0201

都道府県:神奈川県

市区町村:足柄下郡真鶴町

番地・号:真鶴374-1

電話:090-2314-9392

メール:kids@nd.ciao.jp

「ひよこはうす」へのお問い合わせ方法は原則としてメール( ひよこはうす|お問い合わせフォーム )からのみとし年中無休の24時間受付ておりますが、お問い合わせへのご回答は誠に勝手ながら土日祝日を除く午前10時〜午後10時までとなりますので予めご了承ください。


ホーム 赤ちゃんの成長 幼児の成長 子どもの成長 赤ちゃんの育児 幼児の子育て 子どもの子育て 公式通販 お問い合わせ