赤ちゃんのお宮参り


赤ちゃんのお宮参りについて

お宮参りは、赤ちゃんが生まれて約1ヶ月後に住んでいる土地の神様に参拝し、赤ちゃんの誕生を祝い、今後の健康と成長を願う行事です。

 

正式には、男の子が生後31日目、女の子は生後32日目に参拝するとされていますが、赤ちゃん自身の体調を考慮して、正式な日にち付近で調整することが多いです。

 

また、生まれた時期によって、1ヶ月後が真冬や真夏にあたる場合も、時期を延長することが多くあります。

 

ちょうど同じ時期に1か月健診を受けることがほとんどなので、1か月健診を受けて、正常に発育しているかを確認してから行う家庭もあります。

 

お祝い事なので大安の日を選択する家庭が多く、気候の良い時期の土日祝日の大安の日は、神社が混むことが予想されます。

 

お宮参りに参加するのは、父親と父方の祖父母が正式のようですが、ほとんどの家庭では両親が参加しています。

 

祖父母も参加する場合は、父方母方両方がそろうほうが多いと思います。

 

服装は様々で、両親はラフな正装(ワンピースやスーツなど)の家庭から、しっかりと着物を着ている家庭もあります。

 

赤ちゃんの服装は、着物の祝い着を着せている場合と、洋装のベビードレスを着せている場合とあります。

 

綺麗目の普段の洋服の赤ちゃんも見かけます。

 

赤ちゃんの祝い着は、赤ちゃんを抱っこした状態で祝い着をかけ、抱っこしている大人の首の後ろで付けひもを結びます。

 

ですから、写真撮影やお祓いの時だけ着用することが多く、普段は祝い着を外した状態でも大丈夫です。

 

その場合は祝い着の下に着せる洋服も、人目につくことを考えて選んだほうがいいです。

 

神社の参拝は、お参りするだけならば短時間で済ますことができますが、お祓いを受けようと思うと、待ち時間もあり、思ったよりも時間がかかることがあります。

 

まだ、授乳もおむつ替えも頻繁におこなう時期なので、しっかりとした正装をする場合は、赤ちゃんのお世話をお手伝いしてくれる人がいると安心です。

 

神社でお祓いを受ける場合は、あらかじめ神社に連絡して、予約が必要であれば、先にしておいたほうが当日の流れがスムーズになります。

 

その時に大体の所要時間も聞いておくと、スケジュールが立てやすいと思います。

 

お宮参りは、祖父母が参加した場合、食事会などもすることが多いので、スケジュール管理は事前にしっかりと立てておくほうが良いでしょう。

 

また赤ちゃんとの外出に慣れていない時期なので、外出先で急に困ることがないよう先輩ママの意見を先に聞いておくと役に立ちます。

赤ちゃんのお宮参りアドバイス

この時期の赤ちゃんは、まだ体力も免疫力も十分ではありません。

 

せっかくのお祝い事なので豪華にしたい気持ちになりますが、お宮参りの内容は赤ちゃんの体調を最優先して決めることが重要です。

 

また、母親も産後の疲れが抜けきらない時期なので、頑張りすぎて無理をし過ぎないよう気をつけましょう。

 

お宮参りをした後もハードな育児生活は続くので、お宮参りで疲れ過ぎないよう、手伝ってもらえる人がいるならば、積極的にお願いしましょう。

 

赤ちゃん連れの外出は、大人の人手があるとないとでは大きく違ってきます。

 

赤ちゃんを抱っこしていると、トイレにも行けないことがあるので、なにをするにもお手伝いしてくれる人がいると助かります。

 

赤ちゃんのフォーマルな服は、普段着と違って着心地が重視されていないことが多くあります。

 

また、赤ちゃんの吐き戻しが多い時期なので、早めに着せてしまうと汚してしまうこともあります。

 

フォーマルな服は外出の直前に着せるほうがいいでしょう。

 

また、母親が着物などフォーマルな服装をしている時に、どうやって授乳をするかも先に考えておかなくてはいけません。

 

特に母乳の場合は、外出時だけミルクにするとしても、胸が張ってきて痛くなることもあります。

 

着つけの際に授乳中であることを伝えておくといいでしょう。

赤ちゃんのお宮参りお役立ちアイテム

赤ちゃんのお宮参りの楽しみのひとつ、写真撮影があります。

 

写真撮影は、お宮参り当日に撮ってもいいのですが、神社の参拝に加えて、写真館での撮影となると、けっこうな時間がかかります。

 

赤ちゃんの写真を撮るのは、とても難しく、タイミング良くいい表情をしてくれたらいいのですが、こればっかりはどうなるか予測できません。

 

写真館の方も様々な方法を駆使してなんとかいい写真を撮れるよう頑張ってくれますが、思った以上に時間がかかると思っていたほうがいいでしょう。

 

写真撮影を別の日にするのも一つの方法です。

 

神社参拝や準備で、両親の表情も疲れてしまいがちなので、今日は写真だけ、という日取りにしたほうがいい写真がとれると思います。

 

また、食事会を企画する場合は、外での食事会ならば個室を用意してもらえるところがいいでしょう。

 

予約時に必ず個室をキープしておいたほうがいいです。

 

もしくは、家で仕出し弁当を取るという方法もお勧めです。

 

家の中でなら、ゆっくりと食事できますし、なにより赤ちゃんのお世話はしやすくなります。

 

ただし、自宅に両親を呼ぶ場合には、事前に自宅の掃除やインテリアなどをあらかじめ用意しておく必要があります。

 

また、お茶をだしたり、お菓子をだしたりすることがあるかもしれないので、食器や小物類が人数分あるかどうかを確認にしておいたほうがいいでしょう。


関連ページ

赤ちゃんのお七夜(命名式)
赤ちゃんのお七夜(命名式)について。
赤ちゃんのお食い初め
赤ちゃんのお食い初めについて。
初節句(桃の節句)
赤ちゃんの初節句(桃の節句)について。
初節句(端午の節句)
赤ちゃんの初節句(端午の節句)について。

ひよこはうすの公式通販

世界の貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン
このサイト(ひよこはうす|キッズパーク)は、各大手ポータルサイトのディレクトリに、人の目による厳しい審査を通過して登録されています!

キッズパーク
スマホサイトはコチラ

https://babyciao.jp/


特定商取引法に基づく表記

事業者名:ひよこはうす

店舗名:CHICK RHYTHM

事業(店舗)HP責任者名:

高桑 敦司

郵便番号:259-0201

都道府県:神奈川県

市区町村:足柄下郡真鶴町

番地・号:真鶴374-1

電話:090-2314-9392

メール:kids@nd.ciao.jp

「ひよこはうす」へのお問い合わせ方法は原則としてメール( ひよこはうす|お問い合わせフォーム )からのみとし年中無休の24時間受付ておりますが、お問い合わせへのご回答は誠に勝手ながら土日祝日を除く午前10時〜午後10時までとなりますので予めご了承ください。


ホーム 赤ちゃんの成長 幼児の成長 子どもの成長 赤ちゃんの育児 幼児の子育て 子どもの子育て 公式通販 お問い合わせ