赤ちゃんのお七夜(命名式)


赤ちゃんのお七夜(命名式)について

赤ちゃんが生まれた後に行う重要な決めごとに、赤ちゃんの名付けがあります。

 

だいたいの家庭では、妊娠中にどんな名前にするか決めていることが多いように思いますが、いくら決めていても、実際に赤ちゃんが生まれてきてから、赤ちゃんの顔を見た途端に別の名前にしたくなった、という話もよく聞きます。

 

人の名前は、一生変わることがないので、親の大切な仕事の一つといえるでしょう。

 

赤ちゃんの名付けが決まったら、それを家族全員、地域の人、その土地の産神さまに報告する儀式があり、それがお七夜(命名式)です。

 

お七夜の名前の通り、生まれた日を1日目と数えて、そこから7日目に行う行事です。

 

昔は 医療が発達しておらず、赤ちゃんが無事に生まれてきても、生後7日以内に死んでしまう赤ちゃんが多かったため、その間にはまだ名前をつけなかったそうです。

 

その風習が残ったものがお七夜です。

 

時期は退院の時期などにより、多少変動することがあり、また退院祝いとお七夜を同時に行うことがあります。

 

実際の名前は、役所へ届ける出生届によって戸籍上の名前が決定します。

 

出生届は生後14日以内に届けでる義務があります。

 

出生届は、必ず忘れないようにしましょう。

 

赤ちゃんのお七夜での名前の書き方は、親の名前・続柄とともに、赤ちゃんの名前と生年月日を記入します。

 

半紙に筆で書くのが正式な方法です。

 

正式な方法で行うのであれば、書道用の半紙と筆を使用しますが、そうでない場合が多いと思います。

 

ベビー用品店には、多種多様のお七夜グッズがセットになって売っています。

 

そういったものを使用する家庭が一般的です。

 

また、インターネットでプリントしたものを使う家庭も増えてきました。

 

これならお金もかからず、簡単にできます。

 

そうして、用紙に名前などを記入したものを赤ちゃんの頭元に置いて、赤ちゃんと一緒に写真におさめます。

 

お七夜グッズには手形足形を取るタイプのものもあるので、その場合は手形や足形もこの時にとりましょう。

 

その後に、食事会を開くことがあります。

 

しかし、生後1週間のこの時期には、まだ退院してきたばかりなので、豪華な食事会を開くことは少なくなりました。

 

核家族が増え、産後も里帰りしない人も増えたので、退院直後に食事会を開くのは大変です。

 

簡易的に、食事会を済ませる場合がほとんどです。

 

服装も、きちんとしたフォーマルな格好をすることは少ないです。

 

綺麗目の洋服を着る程度で十分だと思います。

赤ちゃんのお七夜(命名式)アドバイス

赤ちゃんが生まれてくると、もう出産が終わって、すべてがおめでたい様な気持になってしまいますが、赤ちゃんは生まれてきて間もなく、とても不安定な状態です。

 

病院から退院できたとはいえ、まだまだ大人が四六時中お世話をしなくては、何もできない状態です。

 

母親も、産後の傷が癒えていない状態です。

 

さらに、なれない育児が始まったばかりで、ストレスが多くかかる時期です。

 

そのことを、十分頭に入れてから、お七夜の準備をしましょう。

 

お七夜は、退院後に自宅で行われることがほとんどだと思いますが、上の子どもがいる場合には、上の子どものフォローも忘れてはなりません。

 

上の子も、初めて赤ちゃんが家にやってきて、心身ともに変化が大きい時期です。

 

今までは自分だけのものだった母親が、赤ちゃんにかかりっきりになっているのを見て、赤ちゃんに嫉妬する子もいるでしょう。

 

退院後は、みんなが赤ちゃんのことばかりを見てしまいがちなので、寂しさを感じることも多いと思います。

 

こんな状況で、さらに赤ちゃんのお祝い行事であるお七夜があるのですから、上の子はおもしろくない気持ちでいるでしょう。

 

お七夜では、赤ちゃんのお祝いだけでなく、お兄ちゃんお姉ちゃんになったお祝いも一緒にしてあげるといいでしょう。

赤ちゃんのお七夜(命名式)お役立ちアイテム

ベビー用品店には、多種多様のお七夜グッズがあります、セットになっているものが多いです。

 

名付けの儀式として考えるだけならば、洋風のお七夜グッズもあるので、好みで選べます。

 

お七夜グッズは紙に書くタイプだけでなく、本のような形式になっているものや、壁にかけてインテリアとしても使えるものまであります。

 

たくさんあるので、自分の好みに合ったものが見つかるといいですね。

 

今ではインターネットでも手に入れることができますが、実際に見て選びたい人は、妊娠中に店舗に行くことをお勧めします。

 

お七夜の時期は出産後すぐなので、買い物に出かけるのは難しいことがほとんどです。

 

外出できても、長時間は難しいので、じっくりと選べなくなってしまいます。

 

出産前に準備しておくと、すぐに使えるのでいいですよ。

 

もしくは、インターネットでテンプレートをダウンロードする方法もあります。

 

これならば、用意するものはほとんどありません。

 

無理にお七夜グッズを探しまわるよりも、好みのものが見つけやすいかもしれません。

 

また、生まれた時の写真を貼るタイプもあるので、赤ちゃんがいい表情をしている時に写真をとっておくと、お七夜でも使えます。

 

お七夜グッズは可愛いものがたくさんあるので、選ぶのが楽しいですよ。


関連ページ

赤ちゃんのお宮参り
赤ちゃんのお宮参りについて。
赤ちゃんのお食い初め
赤ちゃんのお食い初めについて。
初節句(桃の節句)
赤ちゃんの初節句(桃の節句)について。
初節句(端午の節句)
赤ちゃんの初節句(端午の節句)について。

世界の貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン
このサイト(ひよこはうす|キッズパーク)は、各大手ポータルサイトのディレクトリに、人の目による厳しい審査を通過して登録されています!

キッズパーク
スマホサイトはコチラ

https://babyciao.jp/

「ひよこはうす」へのお問い合わせ方法は原則としてメール( ひよこはうす|お問い合わせフォーム )からのみとし年中無休の24時間受付ておりますが、お問い合わせへのご回答は誠に勝手ながら土日祝日を除く午前10時〜午後10時までとなりますので予めご了承ください。


ホーム 赤ちゃんの成長 幼児の成長 子どもの成長 赤ちゃんの育児 幼児の子育て 子どもの子育て お問い合わせ