赤ちゃんの初節句(端午の節句)


赤ちゃんの初節句(端午の節句)について

端午の節句は、こどもの健やかな成長を祈る風習で、現代の日本では主に男の子の習慣となっています。

 

端午は、旧暦5月の午の月のことで、最初の節句であって始まりを意味します。

 

一方、節句は中国由来の陰陽五行説由来で、季節の伝統行事を行う節目を表します。

 

今では、1月の七草粥を始めとして、3月の桃の節句やひな祭り、そして端午の節句が5月のお祝いとなっています。

 

初節句とは、人生で初めて迎える端午の節句ことで、赤ちゃんの記念となるお祝いの機会です。

 

特に、初めて男の子の赤ちゃん、つまり長男が生まれた家庭では、より一層盛大にお祝いを行うのが特徴的です。

 

初節句のタイミングは、生まれてから初めて迎える5月5日で、こどもの日と重複しています。

 

こどもの日は男女に関係なく行われますが、初節句は厳密には男の子の風習なので、同じ5月5日でもこの辺に違いがあります。

 

元々は、女の人も関係している風習でしたが、日本では武を重んじる風習へと意味が変わり、今では男の子の日と認識されています。

 

端午の節句の祝い方は、鎧に兜や鯉のぼりなどの五月人形を設置し、家族や親戚が集まって宴を開くのが習わしです。

 

現代では、核家族化が進み生活環境がコンパクトになっているので、選ばれる飾りも縮小化して、簡易的なタイプの物が増えています。

 

お祝いも、赤ちゃんの祖父母であったり、両親の交友関係の範囲で招くようになっているのが一般的です。

 

1年に5回ある節句の中でも、端午の節句は特に盛大かつ豪華で、いかに重要な風習だと考えられているかが分かります。

 

また、地域によって用意される物が違っていたり、独自に進化している点が端午の節句の面白い所です。

 

家族の意識が強い地域では、家族総出でお祝いを行うことが少なくありませんから、地域の外に出て暮らしている人達は、5月のゴールデンウィークを利用し帰省して集まります。

 

男の子のお祝いなので、女の子は祝えなかったり、初節句の対象にならないと考えがちです。

 

しかし、女の子にはひな祭りがありますし、こどもの日は風習にとらわれず男女ともに祝えるので、あまり難しく考える必要はありません。

 

厳格な風習という側面は、一部の地域を除いて薄くなっていますから、風習を忘れずにお祝いをしてあげれば基本的に問題ないでしょう。

 

生まれたばかりの赤ちゃんは、食べられる物やできることが限られるので、周囲の人達が皆で祝福してあげる、それが初節句の祝い方となります。

赤ちゃんの初節句(端午の節句)アドバイス

赤ちゃんが初節句を迎えるとなると、特別なことをしなければと思い立つでしょうが、まずは冷静になって現実的な初節句を計画することが肝心です。

 

出生が端午の節句の間近なら、あえて初節句は1年先送りにして、タイミングをずらすのも一つの方法です。

 

新生児は眠る時間が長く、多くの大人と一緒に過ごすことはストレスになるので、成長してから初節句を祝うのは決して悪くない考えです。

 

逆に生後3ヶ月、あるいは半年と時間が経過しているなら、初節句をお祝いしてもストレスにはならないでしょう。

 

勿論、赤ちゃんの負担を考慮した上で、コンパクトにお祝いしてあげることがおすすめです。

 

赤ちゃんは食事が食べられませんから、立派な飾りや料理を用意して、写真を残し将来の記念にしてあげるのが現実的なお祝いです。

 

何よりも重要なのは、一生に一度だけ迎えられる大切な一日を、心の底から祝福して伝えてあげることです。

 

赤ちゃんは、目が見えなくても周囲から聞こえる声の調子には敏感で、言葉は理解できなくても祝福の気持ちは伝わるものです。

 

飾り物は予算に合わせてできる範囲で構いませんし、赤ちゃんの為に集まってもらう人達も、無理のない範囲で声を掛けるのが理想的です。

赤ちゃんの初節句(端午の節句)お役立ちアイテム

初節句を含め、端午の節句はこどもの成長を祝う風習さえ理解していれば、他に守らなければいけない決まりはありません。

 

従来は、高価で立派な兜や鎧、屋根の高さを上回る鯉のぼりも主流でしたが、今ではどちらも現代の住環境には合わなくなっています。

 

五月人形は場所を取りますから、近年は住環境の変化に応えて登場した、小型で手頃な端午の節句のお祝いアイテムが人気です。

 

卓上サイズの鎧に兜は、本格的な物に比べると質感や立派さなどは薄れますが、赤ちゃんの為にお祝いをしたという実感は得られるはずです。

 

鯉のぼりなら、小型でも風になびいて立派に見えますから、屋外に場所があれば室内から見える所に設置して、初節句をお祝いしてあげるのが良いでしょう。

 

予算に余裕があって、もう少し立派なアイテムを用意したい場合は、兜だけの飾りがおすすめの選択肢になります。

 

赤ちゃんの頭に乗せたり、写真を撮って成長の記録を残せるので、この点も端午の節句のお役立ちアイテムに値します。

 

兜の用意が難しかったり、格好だけでも端午の節句らしくしたい時は、着物に見立てた衣装が手頃で便利です。

 

お祝い方法は多様化していますが、結局は健やかで大きく立派に成長して欲しい、その願いの気持ちを形に表すことが重要です。

 

手頃なお役立ちアイテムでも、写真や思い出を残せたり十分な記念になりますから、こういった物を活用して初節句をお祝いしてあげましょう。


関連ページ

赤ちゃんのお七夜(命名式)
赤ちゃんのお七夜(命名式)について。
赤ちゃんのお宮参り
赤ちゃんのお宮参りについて。
赤ちゃんのお食い初め
赤ちゃんのお食い初めについて。
初節句(桃の節句)
赤ちゃんの初節句(桃の節句)について。

ひよこキャンペーン

ベビー用品をはじめ、ファミリー向けの品揃えが豊富な「ひよこはうす」の公式総合通販サイト!

ひよこ百貨店は
コチラから


世界の貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン
このサイト(ひよこはうす|キッズパーク)は、各大手ポータルサイトのディレクトリに、人の目による厳しい審査を通過して登録されています!

キッズパーク
スマホサイトはコチラ

https://babyciao.jp/


事業者名:ひよこはうす

事業責任者:高桑 敦司

郵便番号:259-0201

都道府県:神奈川県

市区町村:足柄下郡真鶴町

番地・号:真鶴374-1

電話:090-2314-9392

メール:kids@nd.ciao.jp

「ひよこはうす」へのお問い合わせ方法は原則としてメール( キッズパーク専用お問い合わせフォーム )からのみとし年中無休の24時間受付ておりますが、お問い合わせへのご回答は誠に勝手ながら土日祝日を除く午前10時〜午後10時までとなりますので予めご了承ください。


ホーム 赤ちゃんの成長 赤ちゃんの行事 赤ちゃんの病気 幼児の成長 幼児の行事 幼児の病気 お問い合わせ