赤ちゃんのお食い初め


赤ちゃんのお食い初めについて

お食い初め(おくいぞめ)は赤ちゃんが一生食べ物に困らないように願う儀式です。

 

また歯が生えるほどに赤ちゃんが成長したことを喜ぶ意味も込められています。

 

その昔、生まれて3か月までの生存率が低かったころ、ここまで育ってくれたことへの喜びを祝う意味であったと言います。

 

食初(くいぞめ)の名称で平安時代に貴族社会から始まり赤ちゃんに餅を食べさせる百日(ももか)という行事が今日のお食い初めの起源とされており、時代の変遷にともなって形を少しずつ変えながら今日の形にいたっています。

 

生後100日ころに行われるお食い初めは歯固めとか箸揃え、ももかのいわい等という名前で呼ばれており、大体生後100日から120日の間に行われるものです。

 

このころの赤ちゃんは生まれた時に比べると体重も2倍以上となり、体つきもしっかりとしてきて、手の動きも活発になり、目の前にあるものを取ろうとしたり、首もかなりしっかりとしてきます。

 

その赤ちゃんの成長のお祝いも含めているので、昔は親せきや親しい友人などを招いていたのですが、現在では多くは祖父母、両親とあかちゃんで行うことが多いようです。

 

勿論、両親と赤ちゃんのみでお祝いするということもいいでしょう。

 

正式なお食い初めの方法を述べます。

 

器やお膳は漆器の物を使用します。

 

男の子は全面朱塗りのもの、女の子は外側が黒塗り、内側が朱塗りのものを使用します。

 

お椀には鶴や亀の蒔絵の入ったもので、紋は嫁ぎ先の家紋を入れます。

 

これは母方の実家から贈られることが多いようです。

 

箸は柳箸で両端が細くなっているものを使用します。

 

末広がりの八尺(24センチ)、両端が細いのは片方は人が食べるのに使用し、もう片方は神様が使用するという意味を込めています。

 

また柳を使用するのはお祝いの席で万一折れるようなことがあれば不吉なので、丈夫でしなやかな柳を使用します。

 

お食い初めは「養い親」と呼ばれる祖父母や親せきの中の年長者がたべさせる真似をします。

 

男の子なら男性が、女の子なら女性が行います。

 

これは長寿にあやかることを意味しています。

 

献立は赤飯、吸い物、香の物、煮物、焼き物です。

 

これをご飯、吸い物、ご飯、魚、ご飯という順でこれを三回繰り返します。

 

もし赤ちゃんが食べることに興味を示すようであればひと粒なめといいますが、ご飯一粒だけ口に入れるようにします。

 

次いで歯固め石に箸をつけ、赤ちゃんの歯茎にその箸をあてます。

 

石のように上部な歯が生えることを願います。

 

祝い膳は感謝をこめて大人がいただきます。

 

以上がお食い初めの儀式です。

赤ちゃんのお食い初めアドバイス

古来よりの伝統を受け継いだお食い初めの儀式について書きましたが、これはもちろん自分達の生活に合わせた方法で行えばよいのです。

 

例えば食器類は赤ちゃん用にと出産祝いなどで頂いたものでも、これから使うであろう赤ちゃん用の食器でも構いません。

 

お食い初め用の食器を購入してもよいですし、レンタル商品もあります。

 

100日ころの赤ちゃんは、赤ちゃんなりの生活のリズムもあり、そのタイミングをみて自宅で家族だけで祝ってもよいでしょう。

 

お祝いをする気持ちだけを優先しないで、赤ちゃんが疲れないようにできるだけ配慮することも必要です。

 

ホテルやレストランでもお食い初めコースを用意している所も多々ありますが、環境などを事前にちゃんと調べておく必要もあるでしょう。

 

赤ちゃんがないて迷惑がられたという話も時々耳にします。

 

また、お食い初めに招待された場合はお膳費用程度のお金をつつむのも良いでしょう。

 

その場合の水引は紅白、蝶結び、のしを付けます。

 

御初食御祝、御祝初食、箸ぞろえなどを書くのがよいでしょう。

 

お祝の儀式ですが、主役は赤ちゃんです。

 

こうしなければならないという事に重きを置かず、赤ちゃんの状態をみながらゆったりとした雰囲気の中でお祝いするように心がけましょう。

赤ちゃんのお食い初めお役立ちアイテム

お食い初めに必要なのはお膳と歯固めの石です。

 

お膳は正式なものでもよいですし、あるものを使用してもよいでしょう。

 

わざわざ買うことまではしなくても、正式な形のものを使用したいという場合、レンタル商品もあります。

 

近くに貸し出しをしてくれるところがあればよいのですが、ネットでもレンタルできます。

 

また料理も、もちろん自分で作ってもよいのですが、出前をしてくれる料理屋さんなどもあります。

 

赤ちゃんが生後100日ころといえば、お母さんも忙しい毎日を送っている時です。

 

賢くレンタル製品などを利用するのも良いでしょう。

 

歯固め石は神社などで頂くのもよいのですが、手ごろな小石を拾ってきてきれいに洗って使用しても構いません。

 

お祝いの終わった後は時をみて神社の境内などにおいて来るのがよいでしょう。

 

計画的に考えるなら、赤ちゃんが成長してから使用できる食器セットを事前に購入しておき、出産祝い等で頂くことも多いかとも思いますが、それをお食い初めに使用するのが経済てきかもしれません。

 

正式な方法にのっとって行うのも良し、あまり堅苦しく考えないで、あるものを使用してお祝いをするのもまたよいことです。

 

それぞれの生活スタイルに合わせて、お祝いの気持ちをこめればよいのです。


関連ページ

赤ちゃんのお七夜(命名式)
赤ちゃんのお七夜(命名式)について。
赤ちゃんのお宮参り
赤ちゃんのお宮参りについて。
初節句(桃の節句)
赤ちゃんの初節句(桃の節句)について。
初節句(端午の節句)
赤ちゃんの初節句(端午の節句)について。

ひよこはうすの公式通販

世界の貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン
このサイト(ひよこはうす|キッズパーク)は、各大手ポータルサイトのディレクトリに、人の目による厳しい審査を通過して登録されています!

キッズパーク
スマホサイトはコチラ

https://babyciao.jp/


特定商取引法に基づく表記

事業者名:ひよこはうす

店舗名:CHICK RHYTHM

事業(店舗)HP責任者名:

高桑 敦司

郵便番号:259-0201

都道府県:神奈川県

市区町村:足柄下郡真鶴町

番地・号:真鶴374-1

電話:090-2314-9392

メール:kids@nd.ciao.jp

「ひよこはうす」へのお問い合わせ方法は原則としてメール( ひよこはうす|お問い合わせフォーム )からのみとし年中無休の24時間受付ておりますが、お問い合わせへのご回答は誠に勝手ながら土日祝日を除く午前10時〜午後10時までとなりますので予めご了承ください。


ホーム 赤ちゃんの成長 幼児の成長 子どもの成長 赤ちゃんの育児 幼児の子育て 子どもの子育て 公式通販 お問い合わせ