生後11ヶ月の赤ちゃんの成長


生後11ヶ月の赤ちゃんの成長について

生後11ヶ月の赤ちゃんは、安定して立てるようになり、伝い歩きも上手にできるようになってきます。

 

動きだけでなく言葉も活発になり、話す機会も増えてきます。

 

一方で離乳食がメインとなり、食べむらに悩むことも多く、お母さんの悩みが増える時期でもあります。

 

ここでは、そんな生後11ヶ月の赤ちゃんの成長についてまとめました。

 

まず、生後11ヶ月の赤ちゃんは、身体的にどの程度の成長が見られるのでしょうか。

 

厚生労働省の成長曲線によれば、男の子の場合は身長が69.4〜78.5cm、体重が7.51〜10.82kgで、女の子であれば身長が67.4〜76.7cm、体重が7.02〜10.27kgとなっています。

 

この時期の赤ちゃんは運動量が増えることから、体重の増加も緩やかになるのが特徴です。

 

身長や体重は個人差が大きく、体重があまり増えない赤ちゃんもいますが、元気に動き回っているようであれば心配し過ぎずに様子を見ると良いでしょう。

 

次に、授乳間隔やミルクの量、離乳食についてです。

 

この時期になると、赤ちゃんは離乳食がメインとなります。

 

そのため授乳回数は減る傾向にあり、そろそろ卒乳を考えるお母さんも出てくることでしょう。

 

ただ、生後11ヶ月であれば完全な卒乳を目指す必要はありません。

 

無理に行う必要もないため、赤ちゃんの様子を見ながら徐々に行うと良いでしょう。

 

ミルクに関しても同様で、量は徐々に減ってきます。

 

あくまでメインは離乳食であるため、ミルクをあげる場合は補助的な意味合いであげるようにしましょう。

 

栄養不足が心配な場合は、フォローアップミルクを使用するのも一つの手段です。

 

そして離乳食に関してですが、この時期の赤ちゃんは少しずつ味覚が発達し、食べられる量も種類も増えてくることから、好みが現れるようになります。

 

食べてくれるものもあればそうでないものもありますが、そのような時は味付けや硬さを変えたりと工夫し、赤ちゃんが食べてくれるよう調整してみると良いでしょう。

 

同じ食材を続けて出すことで飽きてしまう場合もあるため、使用する食材の種類を変えてみるのも効果的です。

 

赤ちゃんは一度の食事で食べられる量も決まっており、3食しっかり食べていても足りないことがあります。

 

そのような場合はおやつで補うようにしましょう。

 

ただし、おやつをあまりに多くしてしまうとメインの離乳食が食べられなくなってしまうため、あげる量には注意が必要です。

生後11ヶ月の赤ちゃんの育児アドバイス

生後11ヶ月の赤ちゃんは、一人で立てるようになったり、伝い歩きをしたりと運動量も上がり、同時に目が離せなくなることが増えてきます。

 

そのため、赤ちゃんが誤飲してしまいそうなものはなるべく手の届かないよ場所に置くなど、注意が必要です。

 

また、歩きはじめそうなタイミングに合わせて、ファーストシューズを用意しておくと良いでしょう。

 

とは言え、1歳までに一人で立てるようになる赤ちゃんは全体の半数程度です。

 

なのでまだ一人立ちができないからといって焦らず、赤ちゃんのペースに合わせて見守っていくようにしましょう。

 

また、11ヶ月の赤ちゃんは、おはよう、ありがとうなどの短い言葉を理解できるようになります。

 

そのため、赤ちゃんに対して挨拶を意識的にしたりと話しかけてあげると良いでしょう。

 

赤ちゃん自身も、ママ、パパなどの意味のある言葉が話せるようになってきます。

 

これは周囲に対しての関心が深まり、人やものの名前を徐々に覚え始めた証拠です。

 

赤ちゃんが話しかけてくれた時は、相づちを打ったり返事を返したりと、リアクションを取ってあげるようにしましょう。

 

こうしてコミュニケーションを取ることで、赤ちゃんの言葉の発達を促すことができます。

生後11ヶ月の赤ちゃんのお役立ちアイテム

生後11ヶ月の赤ちゃんは動き回ることが多くなるため、机の角に頭をぶつけてケガをしたり、コンセントの穴に指を入れて感電しないようになど、安全面での注意が必要となります。

 

このことから、コーナーガードやコンセントカバーなどのセーフティ小物があると役立ちます。

 

また、食事面では手づかみでご飯を食べられるようになる子が多く、食べ散らかした後の片づけが大変です。

 

そのため、食事用のマットや床に敷くための専用シートがあると、掃除が簡単になります。

 

服が汚れてしまうのを防ぐために、食事用のエプロンやカバーもあると便利です。

 

ベビー用の敷きマットもあると便利です。

 

まだつたない歩き方の赤ちゃんが転んでしまっても、クッションとなって床に直接頭を打ち付けるのを防いでくれます。

 

玩具で遊ぶ際にも有効で、積み木や固い玩具を床に打ち付けても、マットがあれば床に傷が付くことがありません。

 

赤ちゃんにとって安心なスペースを作ることができます。

 

他にも、移動できるようになった赤ちゃんを危険な場所に立ち入らせないよう、ベビーサークルがあると安心です。

 

お母さんが少し赤ちゃんから目を離したい時などに入れておくことで、赤ちゃんが危険な場所に移動してしまうのを防ぐことができます。


関連ページ

生後0ヶ月の赤ちゃん
生後0ヶ月の赤ちゃんの成長について。
生後1ヶ月の赤ちゃん
生後1ヶ月の赤ちゃんの成長について。
生後2ヶ月の赤ちゃん
生後2ヶ月の赤ちゃんの成長について。
生後3ヶ月の赤ちゃん
生後3ヶ月の赤ちゃんの成長について。
生後4ヶ月の赤ちゃん
生後4ヶ月の赤ちゃんの成長について。
生後5ヶ月の赤ちゃん
生後5ヶ月の赤ちゃんの成長について。
生後6ヶ月の赤ちゃん
生後6ヶ月の赤ちゃんの成長について。
生後7ヶ月の赤ちゃん
生後7ヶ月の赤ちゃんの成長について。
生後8ヶ月の赤ちゃん
生後8ヶ月の赤ちゃんの成長について。
生後9ヶ月の赤ちゃん
生後9ヶ月の赤ちゃんの成長について。
生後10ヶ月の赤ちゃん
生後10ヶ月の赤ちゃんの成長について。
生後12ヶ月の赤ちゃん
生後12ヶ月の赤ちゃんの成長について。

ひよこキャンペーン

ベビー用品をはじめ、ファミリー向けの品揃えが豊富な「ひよこはうす」の公式総合通販サイト!

ひよこ百貨店は
コチラから


世界の貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン
このサイト(ひよこはうす|キッズパーク)は、各大手ポータルサイトのディレクトリに、人の目による厳しい審査を通過して登録されています!

キッズパーク
スマホサイトはコチラ

https://babyciao.jp/


事業者名:ひよこはうす

事業責任者:高桑 敦司

郵便番号:259-0201

都道府県:神奈川県

市区町村:足柄下郡真鶴町

番地・号:真鶴374-1

電話:090-2314-9392

メール:kids@nd.ciao.jp

「ひよこはうす」へのお問い合わせ方法は原則としてメール( キッズパーク専用お問い合わせフォーム )からのみとし年中無休の24時間受付ておりますが、お問い合わせへのご回答は誠に勝手ながら土日祝日を除く午前10時〜午後10時までとなりますので予めご了承ください。


ホーム 赤ちゃんの成長 赤ちゃんの行事 赤ちゃんの病気 幼児の成長 幼児の行事 幼児の病気 お問い合わせ