生後8ヶ月の赤ちゃんの成長


生後8ヶ月の赤ちゃんの成長について

生後8ヶ月の赤ちゃんは身長も体重も少しずつ成長し、活動も活発になってくる時期ですが、子育ての上で少々手が掛かる時期になっていきます。

 

まず生後8ヶ月になるとほとんどの赤ちゃんが人見知りを始めます。

 

基本的にお母さん以外を嫌がるようになってきます。

 

他の人が抱っこしてあげたりすると大泣きするので注意です。

 

ですが、自身のお母さんをしっかり判別できるようになったという成長の証拠でもあるので、やはり疲れてしまう点もあるとは思いますがしっかり見てあげてどんどん褒めて赤ちゃんを成長させてくださいね。

 

人見知りは周囲の人が治せるようなものではありませんが、いつの間にか終わるものでもあります。

 

それまでの我慢という事で気楽に接してあげてください。

 

きっと赤ちゃんも喜びます。

 

生後8ヶ月となると、ハイハイを始める赤ちゃんもチラホラ出始めます。

 

中にはつかまり立ちを始めたりとても高速でハイハイをする赤ちゃんも居たりと、人それぞれですが、こちらもそのうちできるようになりますし、いつの間にか習得する技術です。

 

ですが、このように活発な時期は色々な種類の動きに挑戦したりして角で頭を打ったとかなんていう事も発生します。

 

常に赤ちゃんの傍に着いてあげて、成長を見守っていきながら、怪我に十分注意して見ていくことが大切です。

 

他にも手の機能が大きく発達していきます。

 

大人のように器用に扱えるまではいきませんが、掴んだり引っ張ったり押してみたり引いてみたりと、もう少し成長したら豆やボタンなどの小さい物も掴めるようになっていきます。

 

両手を連動して使えるようになるのも大体この時期からなので物を持ち替えたりする光景も見れると思います。

 

ですが間違えてもハサミやカッターなど、危険な物を持たせたり、近くに置いとかないで下さい。

 

下手をすれば歯が大きく刺さる場合もあり、赤ちゃんにとっては大きなダメージです。

 

危険物を置かない事は子育ての上での基本中の基本ですが、油断しないようしっかりと確認して赤ちゃんを常に安全な状況に置けさせられるようにしましょう。

 

他にも自己主張が強くなったりなど、性格の変化も現れます。

 

性格は人それぞれなので一概には言えませんが、自己主張が強くなる事が多く、こちらも少し手が掛かる事です。

 

ですが子の成長の上で書かせない門であり、これからも幾度も潜る物なのであまり悪い方向に曲がっていかない限り少し離れた所から見守っていくのが大切です。

生後8ヶ月の赤ちゃんの育児アドバイス

まず何かと言えるのが、あまり手を掛けすぎず、赤ちゃんのやってみたいようにやらせて見ることです。

 

もちろん危険な状態になったり、もしかしたらケガをしてしまう場合は私たち親が介入する必要がありますが、基本的に赤ちゃんの成長を見守る事が大切です。

 

具体的な例を出すと、テーブルの角にクッションカバーをしたり、洗面所や台所に柵を設けることです。

 

個人差はありますが、かなり活発的に活動する赤ちゃんがテーブルの角に頭をぶつけたら…。

 

痛いですよね。

 

更にそこから転んでケガをするなど二次被害が起こる場合もあります。

 

赤ちゃん視点でしっかりと対策をしていきましょう。

 

洗面所や台所に柵を設ける理由は、洗面所付近はカミソリなど刃物が用意されてたりお風呂場の浴槽に落ちたりして大けがや最悪の場合死亡するなどのケースが考えられます。

 

台所でも火を扱ったり、包丁などを使用するなど、危険な物が多い上、大ケガを起こしたりする原因となる物が溢れかえっています。

 

他にも、タバコや洗剤の誤飲を防ぐために、危険な物は手の届かない場所に置いとくなどの配慮が大事です。

 

このような事について対策を行うには、赤ちゃんが実際に見る視点を見てみてどんな感じに見えてるかなどをしっかり把握して対策を取るのが重要です。

生後8ヶ月の赤ちゃんのお役立ちアイテム

生後8ヶ月の赤ちゃんを育てていく上で絶対にあって欲しい物が2つ、あった方が良いものが3つあります。

 

まず絶対にあって欲しいものの1つ目は、ベビーゲート。

 

すなわち柵です。

 

赤ちゃんが動き回るようになると事故防止の為に危険箇所にベビーゲートを設置する事をおすすめします。

 

主に、台所・洗面所・階段には設置する事を推奨します。

 

この3ヶ所はケガをしやすい場所なので対策をしっかり取りましょう。

 

もう1つ重要な物があります。

 

コーナーカバーです。

 

いわば、角をカバーするクッションです。

 

動き回ってると柱に当たったりしてケガをしやすい箇所なので、赤ちゃんが主に遊ぶ部屋には必ず設置しときましょう。

 

他にもお食事マットや、ベビー用のマット、赤ちゃん用歯磨き用品などを用意してると先々役に立ちます。

 

特にお食事マットは、食事を取ることを練習し始めた時に食べこぼしによって床やテーブルが汚れる事を気にせず食べさせる事ができます。

 

拭き取ったりするだけで手入れを行うことができるのでとても便利な物です。

 

そして1番大切な物は、私たち親の思いやりです。

 

赤ちゃんの目線になってどこが危険だったりかを1つ対策を取るだけでも赤ちゃんは快適に過ごせます。

 

隅々まで見てみて、赤ちゃんが快適に過ごせるよう考えていきましょう。


関連ページ

生後0ヶ月の赤ちゃん
生後0ヶ月の赤ちゃんの成長について。
生後1ヶ月の赤ちゃん
生後1ヶ月の赤ちゃんの成長について。
生後2ヶ月の赤ちゃん
生後2ヶ月の赤ちゃんの成長について。
生後3ヶ月の赤ちゃん
生後3ヶ月の赤ちゃんの成長について。
生後4ヶ月の赤ちゃん
生後4ヶ月の赤ちゃんの成長について。
生後5ヶ月の赤ちゃん
生後5ヶ月の赤ちゃんの成長について。
生後6ヶ月の赤ちゃん
生後6ヶ月の赤ちゃんの成長について。
生後7ヶ月の赤ちゃん
生後7ヶ月の赤ちゃんの成長について。
生後9ヶ月の赤ちゃん
生後9ヶ月の赤ちゃんの成長について。
生後10ヶ月の赤ちゃん
生後10ヶ月の赤ちゃんの成長について。
生後11ヶ月の赤ちゃん
生後11ヶ月の赤ちゃんの成長について。
生後12ヶ月の赤ちゃん
生後12ヶ月の赤ちゃんの成長について。

世界の貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン
このサイト(ひよこはうす|キッズパーク)は、各大手ポータルサイトのディレクトリに、人の目による厳しい審査を通過して登録されています!

キッズパーク
スマホサイトはコチラ

https://babyciao.jp/

「ひよこはうす」へのお問い合わせ方法は原則としてメール( ひよこはうす|お問い合わせフォーム )からのみとし年中無休の24時間受付ておりますが、お問い合わせへのご回答は誠に勝手ながら土日祝日を除く午前10時〜午後10時までとなりますので予めご了承ください。


ホーム 赤ちゃんの成長 幼児の成長 子どもの成長 赤ちゃんの育児 幼児の子育て 子どもの子育て お問い合わせ