生後7ヶ月の赤ちゃんの成長


生後7ヶ月の赤ちゃんの成長について

生後7ヶ月になるとぎこちなかった寝返りもお座りも安定するようになります。

 

早い子ではずりばいやハイハイで活発に動くようになり、行動範囲も一気に広がりますます目が離せなくなってしまいます。

 

離乳食中期に入り、食べられるものも増えていきます。

 

食事というものが習慣となりつつ赤ちゃんの生活リズムはますますととのっていき、日中はしっかり遊んで夜はしっかり寝るというスタイルに移行していきます。

 

その反面歯が生え始めるためそのかゆみから夜泣きをする子も増えていきます。

 

赤ちゃんの体格差も出てくるようになり、生後6ヶ月頃とあまり変わらないという子もいれば、離乳食などによってよりぽっちゃりとしてくる子もいます。

 

目安としては男の子は身長65p〜73p程度で体重は6.7s〜9.8s程度、女の子は身長63p〜72p程度で体重は6.3s〜9.3s程度です。

 

あまり大きくなっていないという結果でも、赤ちゃんが元気に育っていれば心配はいりません。

 

まだまだ言葉を話すことはできませんが、声によって自己主張をするようになります。

 

今まではお腹がすいたりオムツが気持ち悪かったりという単純なサインでしかなかった泣き声も、徐々にかまってほしかったり不機嫌だったりと自分の気分を声にして伝えようとします。

 

そのためいろんな泣き方をするようになり、ママによっては泣き方で赤ちゃんが何を訴えているのかが分かるようになってくる人も少なくはありません。

 

泣き声ではなくただ自分の声を聞くことができるようになったことが楽しくて声を発している場合もあるので、赤ちゃんが今何を求めて声を出しているのかというのを観察してみると面白いでしょう。

 

生まれたばかりの赤ちゃんは視力が弱く、パパやママの存在を声や雰囲気でなんとなく理解している程度でした。

 

しかし生後6ヶ月や7ヶ月頃の赤ちゃんは視力もしっかりしてくるので個々の顔の識別ができるようになってきます。

 

つまりパパやママとそれ以外の人という大きな分け方をするのです。

 

そのため人見知りをし始める子もいます。

 

見慣れている顔以外の人に対して緊張したりぐずったりするのはそれだけパパやママを特別な存在だと理解している証拠なので、叱らずに優しくなだめてあげるようにしましょう。

 

赤ちゃんによってはつかまり立ちを積極的に始める子もいます。

 

特に大好きなママに対してはすぐに駆け寄って服や腕、足につかまりながら一生懸命よじ登ろうとするので、つかまり立ちができたら誉めてあげましょう。

生後7ヶ月の赤ちゃんの育児アドバイス

赤ちゃんの成長というのはとても早いものですが、特に生後7ヶ月前後というのはその成長が大きく感じられます。

 

今までは寝転がったままだったのに自分の意思で移動することができるようになり、いろんなものを口に入れてその感覚で物を識別していくようになります。

 

赤ちゃんには何が危険で何が安全なのかというのが分からないので大人がきちんと見てあげなければなりません。

 

ちょっとした油断が大事故を招いてしまう恐れもあるので、パパやママはしっかりと見ていてあげるようにしましょう。

 

この時期に多くのママが悩むようになるのは離乳食についてです。

 

早い子であれば生後4〜5ヶ月頃にはスタートさせているためこの頃には食べることが上手になってスムーズに離乳食が進んでいるという子もいますが、母乳やミルク以外のものをなかなか受け付けてくれず生後6ヶ月をこえてやっとスタートさせるという子もいます。

 

つまり離乳食の進め具合というのは個人差が出るのです。

 

しかしあまりゆっくりしすぎてしまうと体内の機能が食べ物を処理できず、食物アレルギーを引き起こしてしまう恐れもあります。

 

離乳食のペースは早すぎても遅すぎてもよくありません。

 

どうすれば赤ちゃんが食べやすいのかを考えながらいろんな食べ物に慣らしてあげるようにしましょう。

生後7ヶ月の赤ちゃんのお役立ちアイテム

行動範囲が広がった赤ちゃんは、パパやママの呼びかけに対して自力で動こうとするときがあります。

 

そんな姿を更に愛おしく感じて成長を嬉しく思うのですが、その反面多くの危険も伴います。

 

転倒によって頭を強く打ってしまったり、床にあるものを誤飲してしまったりと大人が考える以上に危険が身近にあります。

 

そのため特に危険だと思う部分にはクッション性のあるカバーをつけたり、細かい雑貨類はかごにしまってまとめておくということが大切です。

 

また赤ちゃんは床にある電化製品のコードやコンセントも口に入れようとするので、感電の恐れもあります。

 

それを防ぐためにもコンセントカバーなどで細かい隙間に指を入れたり口に入れたりするのを防ぎましょう。

 

次にママの悩みの種となりやすい離乳食です。

 

大人とは違う食事を用意しなければなりませんし、離乳食が進んでいる場合には品数も増えていきます。

 

毎回作るのは大変なので、誰かが赤ちゃんの相手をしてくれている隙などにまとめて作っておくことがおすすめです。

 

スーパーやホームセンターに行けばフタつきの製氷皿があるので、それにおかゆやおかずを作って冷凍し、食べるときにはレンジで加熱をするというふうにすれば家事が面倒なときにも簡単に準備できます。


関連ページ

生後0ヶ月の赤ちゃん
生後0ヶ月の赤ちゃんの成長について。
生後1ヶ月の赤ちゃん
生後1ヶ月の赤ちゃんの成長について。
生後2ヶ月の赤ちゃん
生後2ヶ月の赤ちゃんの成長について。
生後3ヶ月の赤ちゃん
生後3ヶ月の赤ちゃんの成長について。
生後4ヶ月の赤ちゃん
生後4ヶ月の赤ちゃんの成長について。
生後5ヶ月の赤ちゃん
生後5ヶ月の赤ちゃんの成長について。
生後6ヶ月の赤ちゃん
生後6ヶ月の赤ちゃんの成長について。
生後8ヶ月の赤ちゃん
生後8ヶ月の赤ちゃんの成長について。
生後9ヶ月の赤ちゃん
生後9ヶ月の赤ちゃんの成長について。
生後10ヶ月の赤ちゃん
生後10ヶ月の赤ちゃんの成長について。
生後11ヶ月の赤ちゃん
生後11ヶ月の赤ちゃんの成長について。
生後12ヶ月の赤ちゃん
生後12ヶ月の赤ちゃんの成長について。

世界の貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン
このサイト(ひよこはうす|キッズパーク)は、各大手ポータルサイトのディレクトリに、人の目による厳しい審査を通過して登録されています!

キッズパーク
スマホサイトはコチラ

https://babyciao.jp/

「ひよこはうす」へのお問い合わせ方法は原則としてメール( ひよこはうす|お問い合わせフォーム )からのみとし年中無休の24時間受付ておりますが、お問い合わせへのご回答は誠に勝手ながら土日祝日を除く午前10時〜午後10時までとなりますので予めご了承ください。


ホーム 赤ちゃんの成長 幼児の成長 子どもの成長 赤ちゃんの育児 幼児の子育て 子どもの子育て お問い合わせ