生後5ヶ月の赤ちゃんの成長


生後5ヶ月の赤ちゃんの成長について

生後5ヶ月の赤ちゃんになってくると、男女でもその大きさに段々と違いが見られます。

 

平均身長は男の子の方がわずかに大きくなり、体重もわずかに上回るようになります。

 

見た目には大差を感じませんが、微妙な違いが生後5ヶ月あたりで見え始め、これまで急ピッチに増えてきた体重も落ち着くようになります。

 

そのため、初めての育児をするお父さん、お母さんからすれば不安になることもありますが、過度な心配は必要ありません。

 

この時期の赤ちゃんの特徴としては、寝返りが打てるようになるというものがあります。

 

寝返りは赤ちゃんの骨、筋肉などが成長した証拠であり、視力も発達し、色々なものに興味が持てるようになったために寝返りを打つと言われています。

 

赤ちゃんによってはこれよりも前に寝返りを打つこともありますが、基本的には生後5ヶ月というのが一般的な状況です。

 

とはいえ、個人差があり、寝返りを打たずにいきなりハイハイを始める赤ちゃんもいるため、あくまでも目安です。

 

生後間もなくの赤ちゃんは生活リズムが乱れていましたが、さすがに生後5ヶ月ということになると生活リズムは安定し、いよいよ離乳食を食べることができる状況を迎えます。

 

今まではおなかが空いたら母乳やミルクを与えるという流れでしたが、これに離乳食が加わることで普通の大人とほぼ変わらないような生活リズムに近づきつつあります。

 

親としても、生活リズムをしっかりと守るところにシフトし、早寝早起きの習慣を身につけるなどのことが必要になっていきます。

 

その離乳食ですが、始めるタイミングとして、食事をしている両親を見るようになるなどすると、そのタイミングと言われています。

 

そして、モグモグとした行動、よだれを垂らすなどがみられると適齢期です。

 

食べるという動作は、今までの飲むという動作に比べ、するべきことが違うため、うまく食べられない赤ちゃんがほとんどです。

 

このため、汚れやすくなりますが、お母さんによってはしつけと称して叱る人もいます。

 

ただ、この時期は汚すことが当然と思っていた方がよさそうです。

 

好奇心も旺盛になり、目に入るものは何でも手にする、何でも口に入れるということが起こり始めます。

 

そして、情緒も豊かになり、声を出して注意を引くことも覚えだします。

 

こうしたことからも、今までの育て方から方針を変え、注意深く様子を見ていく必要があるため、より一層の愛情を注ぐことが求められていきます。

生後5ヶ月の赤ちゃんの育児アドバイス

注意すべきことは、まず生活リズムの問題です。

 

子供や大人と同じタイミングで寝る、もしくはそれよりも早く寝てもらうことが大事ですが、親の中には自分の生活リズムと同じ環境で赤ちゃんを育てている人がいます。

 

これでは生活リズムは整うことがなく、寝てほしい時に寝てくれないということにもつながってしまいます。

 

そのため、赤ちゃんが寝ることができる環境を整えることが大事であり、ワンルームやそれに近い間取りで暮らしている場合にもできるだけ寝やすい環境を作る必要があります。

 

寝返りが打てるようになると、寝返りを打って、そこから戻れないということがあります。

 

うつぶせからあおむけに戻れず、結果として重大な事故を招くことがたびたび発生しており、注意が必要です。

 

寝返りを打てるようになった場合、そのあたりの様子をきちんと見ないことには大変なことにつながります。

 

実は生後5ヶ月というのは夜泣きが始まる時期でもあります。

 

夜泣きには諸説理由があるとされていますが、夢を見ていてそれに反応してしまう説というのが有力です。

 

好奇心が旺盛になり、見ることのできる状況が増え、それを整理する過程で夢を見ていくうちに怖くなり夜泣きを起こすため、心の準備が必要となります。

生後5ヶ月の赤ちゃんのお役立ちアイテム

生後5ヶ月の赤ちゃんは乳児期と呼ばれており、それに特化したアイテムを使用していくことになります。

 

まずはベビーチェアです。

 

離乳食を食べる段階になり、家族みんなでご飯を食べるという時にはベビーチェアを置いて、そこに赤ちゃんを座らせることになります。

 

この場合、深めのイスにするなどして出られないようにし、高いところから落ちないようにすることもできます。

 

また、赤ちゃん用のスプーンなども必要です。

 

赤ちゃんは体温のコントロールがまだまだ不十分であるため、寝冷えをしないような対策が必要です。

 

この場合は、上下がつながっているロンパース、赤ちゃん用のレッグウォーマーなどで対策をとることになります。

 

ロンパースは可愛らしいものも多く、人によっては自作をする人もいます。

 

市販で売られているものの中にはおしゃれなものも含まれており、そうしたものを着させることで赤ちゃんの段階からおしゃれにしていくことができます。

 

段々と歯なども成長し始めるため、歯固めと呼ばれるおしゃぶりのようなものをくわえさせることも大事です。

 

おしゃぶりでも最近はぬいぐるみがついたものが登場しており、ぬいぐるみを抱えながらおしゃぶりができるというアイテムが登場しています。


関連ページ

生後0ヶ月の赤ちゃん
生後0ヶ月の赤ちゃんの成長について。
生後1ヶ月の赤ちゃん
生後1ヶ月の赤ちゃんの成長について。
生後2ヶ月の赤ちゃん
生後2ヶ月の赤ちゃんの成長について。
生後3ヶ月の赤ちゃん
生後3ヶ月の赤ちゃんの成長について。
生後4ヶ月の赤ちゃん
生後4ヶ月の赤ちゃんの成長について。
生後6ヶ月の赤ちゃん
生後6ヶ月の赤ちゃんの成長について。
生後7ヶ月の赤ちゃん
生後7ヶ月の赤ちゃんの成長について。
生後8ヶ月の赤ちゃん
生後8ヶ月の赤ちゃんの成長について。
生後9ヶ月の赤ちゃん
生後9ヶ月の赤ちゃんの成長について。
生後10ヶ月の赤ちゃん
生後10ヶ月の赤ちゃんの成長について。
生後11ヶ月の赤ちゃん
生後11ヶ月の赤ちゃんの成長について。
生後12ヶ月の赤ちゃん
生後12ヶ月の赤ちゃんの成長について。

世界の貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン
このサイト(ひよこはうす|キッズパーク)は、各大手ポータルサイトのディレクトリに、人の目による厳しい審査を通過して登録されています!

キッズパーク
スマホサイトはコチラ

https://babyciao.jp/

「ひよこはうす」へのお問い合わせ方法は原則としてメール( ひよこはうす|お問い合わせフォーム )からのみとし年中無休の24時間受付ておりますが、お問い合わせへのご回答は誠に勝手ながら土日祝日を除く午前10時〜午後10時までとなりますので予めご了承ください。


ホーム 赤ちゃんの成長 幼児の成長 子どもの成長 赤ちゃんの育児 幼児の子育て 子どもの子育て お問い合わせ