生後0ヶ月の赤ちゃんの成長


生後0ヶ月の赤ちゃんの成長について

妊娠期間が10ヶ月に迫ったり、出産を控える段階になると気になるのが、生まれた赤ちゃんの成長過程です。

 

最も分かりやすい変化といえば、1週間単位で変化が見られる体重の増加です。

 

体重は、赤ちゃんが成長していることを数字で表しますから、この変化は親の喜びとなるでしょう。

 

生まれたばかりの赤ちゃんは、目が良く見えていないだけでなく、周りの音や声に対してとても強い関心を持っている、という特徴があります。

 

生後0ヶ月の赤ちゃんは、身体的な変化が起こるのに加えて、精神的にも少しずつ成長が起こります。

 

目の変化については、一般的に出産後数日で開きますが、顔を見たり物を捉えて追い掛けるようになるのはまだ先です。

 

また、本能的に口に触れた物に吸い付きますから、赤ちゃんの口に指先で触れると、母乳を求めて吸い付く行動が見られます。

 

母乳をあげる際ですが、赤ちゃんによっては上手く乳首を吸えない場合がありますが、何度も繰り返し練習することで自然と吸えるようになります。

 

呼吸に関しても、まだまだ生まれたばかりで未熟ですから、授乳中に呼吸が上手く行えないケースもあります。

 

その点も、赤ちゃんは優れた成長力で次第に覚えてくれるので、特に過剰な心配はしなくても大丈夫です。

 

一方で、耳も生後0ヶ月の赤ちゃんにおいて変化が大きい部分で、本能的な好奇心で聞き耳を立てて、周囲の音の一つ一つを聞いています。

 

生まれた直後は目と同じく、本来の能力は発揮できていませんが、日々の成長の中で音を捉える能力が向上します。

 

生後0ヶ月の赤ちゃんは、1日の殆どを眠って過ごすので、静かに過ごせる環境が何よりも必要です。

 

逆に起きている間は、お腹の中にいた時以上に、体の動かし方や使い方の試行錯誤の姿を見せます。

 

手の開閉運動はその代表的な特徴で、ぎこちない動きからスムーズな開閉、そしてそれぞれの指の独立した動きへと成長して変化します。

 

赤ちゃんはか弱いので、生まれたばかりの頃は丸まっていて、何処を見ても丸い印象を与えます。

 

しかし、外の世界に慣れてくると、肘や手を伸ばして色々な物をつかもうとしたり、つかんでは口に入れようとするでしょう。

 

生後0ヶ月目の間は、赤ちゃんの成長速度の個人差が大きいので、どのようなペースで成長を見せるかは未知数です。

 

ただ、様々な変化に気が付いたり、成長を実感させてくれる機会は少なくありませんから、優しく見守って健やかに育つのを祈ることが重要です。

生後0ヶ月の赤ちゃんの育児アドバイス

生後0ヶ月の育児において肝心なのは、自然と育つ赤ちゃんの成長を阻害せず、必要な部分に手厚いケアを行ってあげることです。

 

例えば、物を口に入れようとする行動は、好奇心と学習意欲の表れですから、安全な物なら直ぐに取り上げることはしないで、経験させてあげるのが良いでしょう。

 

反対に、耳に限らず五感が敏感になっていますから、必要以上に大きな音を聞かせたり、驚かさないように気を付けることが大切です。

 

赤ちゃんの育児で注意した方が良いのは、割りと珍しくない目やにであったり、お腹や肌に発生する幾つかの症状です。

 

元来、赤ちゃんは目やにができやすいので、目元に見付けたら優しく取ってあげる必要があります。

 

ただし、目やには自然と治まることが殆どですから、悪化する様子が見られない限りは、医療機関に相談しなくても大丈夫です。

 

生後0ヶ月の赤ちゃんに良くある便秘は、体の冷えや水分不足、消化機能の不良などが原因です。

 

体を冷えないように、また腸が働くように優しくマッサージをしてあげることで、赤ちゃんの便秘を改善することができます。

 

新陳代謝が活発な赤ちゃんは、体や顔に湿疹やニキビができて赤らむこともあります。

 

身に着ける物を清潔にしたり、肌のケアを行ってあげれば、何れ症状は治まるでしょう。

 

どの症状も、生後0ヶ月なら1度は経験してもおかしくありませんが、長引くようなら医療機関で診てもらった方が安心です。

生後0ヶ月の赤ちゃんのお役立ちアイテム

万全の育児を成功させたいのであれば、お役立ち度の高いアイテムを準備して、育児に集中することが不可欠です。

 

赤ちゃんはうんちの回数が多いので、清潔なおむつをどれだけ用意しても足りない位です。

 

多いに越したことはありませんから、使いやすく着け心地の良いおむつを用意して、必要な時に素早く取り替えてあげましょう。

 

着替えもまた、赤ちゃんの必須アイテムですから、清潔な育児を心掛ける重要性に基づいて、十分な数を用意することが肝心です。

 

着替えに関係して、入浴の機会も少なくないので、赤ちゃんを安全かつ快適に入れてあげやすい、専用のお風呂も用意するのが得策です。

 

一般的なお風呂では深過ぎて、小さな赤ちゃんの入浴には適しませんから、沐浴が行いやすいお風呂があった方が便利です。

 

親にとって、赤ちゃんのお風呂は気持ち良さそうな顔が見られる、忙しい1日の中でも癒しの時間となります。

 

親が緊張したり、集中力が求められるような沐浴環境では、赤ちゃんも落ち着いていられません。

 

赤ちゃんは未熟でも、親の気持ちや感情に反応するものですから、親子ともになるべくストレスを溜めずに済む、そういったアイテムを用意しておくと役立ちます。

 

生後0ヶ月の段階では、体を清潔に保つ重要性が高いので、身の回りのアイテムを十分に揃えることが、結果として赤ちゃんの為になります。


関連ページ

生後1ヶ月の赤ちゃん
生後1ヶ月の赤ちゃんの成長について。
生後2ヶ月の赤ちゃん
生後2ヶ月の赤ちゃんの成長について。
生後3ヶ月の赤ちゃん
生後3ヶ月の赤ちゃんの成長について。
生後4ヶ月の赤ちゃん
生後4ヶ月の赤ちゃんの成長について。
生後5ヶ月の赤ちゃん
生後5ヶ月の赤ちゃんの成長について。
生後6ヶ月の赤ちゃん
生後6ヶ月の赤ちゃんの成長について。
生後7ヶ月の赤ちゃん
生後7ヶ月の赤ちゃんの成長について。
生後8ヶ月の赤ちゃん
生後8ヶ月の赤ちゃんの成長について。
生後9ヶ月の赤ちゃん
生後9ヶ月の赤ちゃんの成長について。
生後10ヶ月の赤ちゃん
生後10ヶ月の赤ちゃんの成長について。
生後11ヶ月の赤ちゃん
生後11ヶ月の赤ちゃんの成長について。
生後12ヶ月の赤ちゃん
生後12ヶ月の赤ちゃんの成長について。

世界の貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン
このサイト(ひよこはうす|キッズパーク)は、各大手ポータルサイトのディレクトリに、人の目による厳しい審査を通過して登録されています!

キッズパーク
スマホサイトはコチラ

https://babyciao.jp/

「ひよこはうす」へのお問い合わせ方法は原則としてメール( ひよこはうす|お問い合わせフォーム )からのみとし年中無休の24時間受付ておりますが、お問い合わせへのご回答は誠に勝手ながら土日祝日を除く午前10時〜午後10時までとなりますので予めご了承ください。


ホーム 赤ちゃんの成長 幼児の成長 子どもの成長 赤ちゃんの育児 幼児の子育て 子どもの子育て お問い合わせ