生後0〜12ヶ月までの赤ちゃんの月齢別成長


生後0〜12ヶ月までの赤ちゃんの月齢別成長について

生まれたばかりの赤ちゃんには昼と夜の区別がなく、ミルクを飲むことと寝ることを繰り返します。

 

筋肉がまだ発達していないため、体がふにゃふにゃしていて不安定で、把握反射などの原始反射が見られます。

 

視覚がまだ発達していないため、お母さんの顔は識別できていません。

 

生後1か月が経つと体全体がふっくらしてきて、手足を動かせるようになってきます。

 

また、ミルクを上手に飲めるようになり飲む量も増えてきますし、視力が発達してきてお母さんをじっと見つめたりしはじめます。

 

生後2ヶ月になると体がさらに丸みを帯びてきます。

 

赤ちゃん特有のウーやアーといった声を出すようになるのもこの時期です。

 

さらに泣き方にバリエーションが出てくるのもこの時期で、赤ちゃんの泣き方によってミルクが欲しいのか、オムツを替えて欲しいのかがわかりやすくなってきます。

 

生後3ヶ月くらいなると夜間の授乳が必要なくなると赤ちゃんもでてきます。

 

まだ首がすわると呼べるレベルではありませんが、うつ伏せになった場合には首を少し持ち上げられるようになります。

 

生後4ヶ月になると赤ちゃんの首がすわるようになり、一人遊びもできるようになります。

 

なので、手で掴んだものを口に入れるようになります。

 

生後5ヶ月は離乳食にチャレンジしはじめる時期です。

 

赤ちゃんの首のほうは、かなりしっかりしてきて寝返りができるようになります。

 

生後6ヶ月が経つと前歯が生え始める赤ちゃんが出てきます。

 

この時期になるとへその緒を通してママからもらった免疫がなくなる時期で風邪をひきやすくなります。

 

生後7ヶ月には離乳食を上手に飲み込めるようになってくる時期で、背筋を伸ばしてしっかりとしたおすわりができるようになります。

 

両手を使えるようになるので、座っておもちゃで遊びはじめます。

 

生後8ヶ月になると、おすわりから腹ばい、腹ばいからおすわりに姿勢を変えることも出来るようになります。

 

さらにハイハイをはじめます。

 

生後9ヶ月になるとハイハイが上達して素早く動き回るようになり、お父さんお母さんを慌てさせます。

 

つかまり立ちができるようになるのもこの時期で、大人の真似をして手を振ることもあります。

 

生後10ヶ月は伝い歩きをはじめる時期です。

 

伝い歩きとは、何かを手で掴みながら少しずつ歩くことです。

 

長くなってきた手足を活発に動かすようになるうえに、好奇心が旺盛になってくるのでいたずらをするようになります。

 

生後11ヶ月から12ヶ月になると、つかまり立ちで動いているうちに両手が離れて、いくらか歩けるようなります。

 

ワンワンやバイバイなどの簡単な言葉を話しはじめます。

生後0〜12ヶ月までの赤ちゃんの育児アドバイス

生後0から12ヶ月までの赤ちゃんは多くの時間を寝て過ごすので、ベビーベッド周辺の環境を整えることが重要です。

 

安全で清潔にする必要があります。

 

まず、地震が来た時に物が倒れこんできたり、落ちてきたりせず、エアコンの風と直射日光が強く当たらない場所にベビーベッドを置いてください。

 

また、赤ちゃんの肌は非常にデリケートですから、衛生面にも気をつけてあげる必要があります。

 

シーツやカバーだけでなくお布団も丸洗い可能なものを選ぶようにしてください。

 

生後0から12ヶ月までの赤ちゃんは何でも舐めてしまうので注意が必要です。

 

舐めることは遊びの一種であり成長の過程なので、舐めているものが危険なものでない限りはやらせておいて問題はありません。

 

しかし、親は子供が舐める可能性があるもの清潔に保っておかなくてはなりません。

 

そのためには、買うものを除菌や抗菌のものに変えたり、消毒用アルコールの入ったスプレーやウェットシートを使用するのが得策です。

 

なめさせては危険なものの代表格は中毒性のあるものと誤飲の可能性があるものです。

 

中毒性のあるものとしては、薬やタバコ、お酒などが挙げられます。

 

絶対に赤ちゃんの手の届くところに置かないでください。

 

誤飲事故がよく起こる物品は電池やネジ、アクセサリー、ボタンなどテーブルの上によく置いてあるです。

 

出産前に置いていたところから定位置を変更して対応してください。

生後0〜12ヶ月までの赤ちゃんのお役立ちアイテム

1つめははバウンサーです。

 

バウンサーとは揺れる赤ちゃん用の椅子のことで、お母さんが掃除をしたり、料理をする間に赤ちゃんにおとなしくしてもらうために使います。

 

さらにトイレに入るときにも欠かせません。

 

おとなしくしてくれているのは、バウンサーの揺れが赤ちゃんを安心させるからです。

 

2つめはスイマーバです。

 

スイマーバとは赤ちゃんをお風呂に入れる時に首につける浮き輪のことです。

 

お風呂に入れる時に赤ちゃんから目を離すのは厳禁ですが、間違って湯船に落としてしまう心配がないので便利です。

 

また、赤ちゃんがプカプカと浮いている姿が可愛いと評判です。

 

3つめはおしゃぶりです。

 

赤ちゃんはおしゃぶりを口に入れると不思議なことに泣き止みます。

 

製品との相性があるのですが、気に入ったおしゃぶりが口に入っていると別人のように落ち着いてくれます。

 

ただし、大きくなってもおしゃぶりをやめられない子も多く、やめさせるのにエネルギーを必要とするのがデメリットです。

 

4つめは授乳クッションです。

 

授乳クッションとは、おっぱいをあげている時に、お母さんの腕と赤ちゃんを支えてくれるクッションのことです。

 

授乳中に寝てしまう赤ちゃんも多いですが、気付かれないように腕を抜けばスムーズにお昼寝タイムに突入できるのが、授乳クッションの魅力です。

生後0〜12ヶ月までの赤ちゃんの月齢別成長記事一覧

生後0ヶ月の赤ちゃんの成長

妊娠期間が10ヶ月に迫ったり、出産を控える段階になると気になるのが、生まれた赤ちゃんの成長過程です。最も分かりやすい変化といえば、1週間単位で変化が見られる体重の増加です。体重は、赤ちゃんが成長していることを数字で表しますから、この変化は親の喜びとなるでしょう。生まれたばかりの赤ちゃんは、目が良く見...

≫続きを読む

 

生後1ヶ月の赤ちゃんの成長

赤ちゃんは生まれてからの成長のスピードがすごいです。大人にとっては短い1か月ですが、赤ちゃんにとっては違います。赤ちゃんは1か月で約1000グラム体重が増えます。毎日に計算すると、1日当たり25〜30グラムも増えます。身長は約5センチほど大きくなります。生まれた当初は、ふにゃふにゃで細かったのに、1...

≫続きを読む

 

生後2ヶ月の赤ちゃんの成長

生後2カ月になると、身長は53センチから63センチ、体重は4000グラムから7000グラムあたりであり、この時から個人差が少しずつ出始めてくるようになります。ただ、男女差はまだこの時点ではそこまでないのが実情です。1か月1キロペースで体重が増えていけばそれでよく、成長をしていくにつれて、段々と丸っこ...

≫続きを読む

 

生後3ヶ月の赤ちゃんの成長

日々の成長が見える赤ちゃんも、3ヶ月に入ると段々と逞しくなって、体と行動に様々な変化が見られます。生後3ヶ月の赤ちゃんの成長は、生まれた頃よりも筋肉がついたり、首の安定感が増してきます。まだ完全ではありませんが、もう少しで首がすわりますから、か弱い印象はだいぶ薄く感じられるはずです。全身の筋肉、特に...

≫続きを読む

 

生後4ヶ月の赤ちゃんの成長

生後4ヶ月の赤ちゃんはあやすと笑うようになったり、バタバタと手足を元気に動かしてますますかわいくなってくる時期です。首も座ってくるようになるので、かぶせるタイプの洋服も着れるようになるなどおしゃれも楽しめるようになります。首が座っているかどうかは仰向けに寝かせて両腕をゆっくり引っ張ると頭が同時につい...

≫続きを読む

 

生後5ヶ月の赤ちゃんの成長

生後5ヶ月の赤ちゃんになってくると、男女でもその大きさに段々と違いが見られます。平均身長は男の子の方がわずかに大きくなり、体重もわずかに上回るようになります。見た目には大差を感じませんが、微妙な違いが生後5ヶ月あたりで見え始め、これまで急ピッチに増えてきた体重も落ち着くようになります。そのため、初め...

≫続きを読む

 

生後6ヶ月の赤ちゃんの成長

生まれてからしばらくの間は、急激に身体が成長しますが、生後6ヶ月になると、成長がゆっくりになります。1ヶ月で1Kgずつ増えていた体重は、1ヶ月に300g程度ずつ増えるようになります。手足の器用さが出てきて、大きくバタバタと動かすだけだった動きから、少しずつ細かな動きができるようになります。おもちゃを...

≫続きを読む

 

生後7ヶ月の赤ちゃんの成長

生後7ヶ月になるとぎこちなかった寝返りもお座りも安定するようになります。早い子ではずりばいやハイハイで活発に動くようになり、行動範囲も一気に広がりますます目が離せなくなってしまいます。離乳食中期に入り、食べられるものも増えていきます。食事というものが習慣となりつつ赤ちゃんの生活リズムはますますととの...

≫続きを読む

 

生後8ヶ月の赤ちゃんの成長

生後8ヶ月の赤ちゃんは身長も体重も少しずつ成長し、活動も活発になってくる時期ですが、子育ての上で少々手が掛かる時期になっていきます。まず生後8ヶ月になるとほとんどの赤ちゃんが人見知りを始めます。基本的にお母さん以外を嫌がるようになってきます。他の人が抱っこしてあげたりすると大泣きするので注意です。で...

≫続きを読む

 

生後9ヶ月の赤ちゃんの成長

生後9か月の赤ちゃんは、身体の大きくなる速度が少し落ち着いてきます。体重は6.7〜10.3kg、身長は65〜76cmぐらいです。座ることができるようになる子が増え、寝返りも上手になり、ハイハイやつかまり立ちをする子もでてきます。身体を動かすことが増えるので、ふわふわで柔らかかった赤ちゃんの時期に比べ...

≫続きを読む

 

生後10ヶ月の赤ちゃんの成長

生後10ヶ月の赤ちゃんは、平均の身長が70センチ弱から80センチ弱、体重はだいたい7キロから10キロ程度となります。体系の特徴として、これまでは若干丸々とした感じだったものが、段々と幼児体型へ変化を見せていくような時期です。この時期になると運動量が増え、体重が思ったよりも増えない子供も出てくるように...

≫続きを読む

 

生後11ヶ月の赤ちゃんの成長

生後11ヶ月の赤ちゃんは、安定して立てるようになり、伝い歩きも上手にできるようになってきます。動きだけでなく言葉も活発になり、話す機会も増えてきます。一方で離乳食がメインとなり、食べむらに悩むことも多く、お母さんの悩みが増える時期でもあります。ここでは、そんな生後11ヶ月の赤ちゃんの成長についてまと...

≫続きを読む

 

生後12ヶ月の赤ちゃんの成長

生後12ヵ月の赤ちゃんの成長はそれぞれの個性がはっきりしてくる頃で、これからが楽しみになります。だいたいは卒乳しており、離乳食を完了されている子もいます。ただ成長具合はその子の性格、家庭ごとのやり方によって変わってくるので、それほど神経質になることはありません。行動面を見てみると、ハイハイだけではな...

≫続きを読む

 


ひよこはうすの公式通販

世界の貧困、災害、紛争に苦しむ子どもたちを支援する国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン
このサイト(ひよこはうす|キッズパーク)は、各大手ポータルサイトのディレクトリに、人の目による厳しい審査を通過して登録されています!

キッズパーク
スマホサイトはコチラ

https://babyciao.jp/


特定商取引法に基づく表記

事業者名:ひよこはうす

店舗名:CHICK RHYTHM

事業(店舗)HP責任者名:

高桑 敦司

郵便番号:259-0201

都道府県:神奈川県

市区町村:足柄下郡真鶴町

番地・号:真鶴374-1

電話:090-2314-9392

メール:kids@nd.ciao.jp

「ひよこはうす」へのお問い合わせ方法は原則としてメール( ひよこはうす|お問い合わせフォーム )からのみとし年中無休の24時間受付ておりますが、お問い合わせへのご回答は誠に勝手ながら土日祝日を除く午前10時〜午後10時までとなりますので予めご了承ください。


ホーム 赤ちゃんの成長 幼児の成長 子どもの成長 赤ちゃんの育児 幼児の子育て 子どもの子育て 公式通販 お問い合わせ